FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
島根県・(株)三島ファームの「穂波ゴールデン アメリカンペールエール」

 この日、飲んだのは、島根県・(株)三島ファームの「穂波ゴールデン アメリカンペールエール」。三島ファームのビールなので、例によって、島根県浜田市産のサツマイモ(べにはるか)を使ったビールです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、GARNiDELiA「約束-Promise code-」。

 グラスに注ぐと、色は、何だろう……黒い、結構濁りのある、暗い濁った焦げ茶色かな。アロマは独特の、甘いような……イメージとしては、ちょっと芋っぽい、不思議な香りです。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディは少ししっかりめのライト。ややまったりとした、モルト感と言うか、さつまいも感と言うか、不思議な味わいとコクを感じますが、甘味自体はそれほど強いわけではありません。裏面のラベルには、「爽やかな柑橘の香り」と書いてあります。おそらくホップのフレーバーのこと言ってるんだと思いますが、よく分からないかな。ただ、「芋感」はすごくありますね。独特の香りは、とても「サツマイモ」感があります(笑)
 のど越しあたりから後口にかけて優しい苦味を感じ、後口には、じわじわとその余韻が残ります。
 商品名は「アメリカンペールエール」ですが、原材料的にも、実際に飲んだ印象的にも、アメリカンペールエールではないですね。独特の美味しさと言えば美味しさなのかもしれませんが、かなり個性的。というか、このブルワリーは、とにかくサツマイモ推しなんですね。色々なスタイルのビールに、唐突にサツマイモを打ち込んでいる感じがあります。開業したばかりの新しいブルワリーなのに、なんでまた、こんな個性的なビールばかり作るのかな。ベーシックなビールをブラッシュアップしてって欲しいような気もしたりするのですが。また「ビール保守」的な感想なんでしょうねぇ。

「穂波ゴールデン アメリカンペールエール」
◯原材料:麦芽、さつまいも、水飴、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:株式会社三島ファーム(島根県)
(http://mishima-farm.com/)

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

島根県・三島ファーム(穂波)の「穂波ホワイト バイツェンスタイル」

 この日、飲んだのは、島根県・三島ファーム(穂波)の「穂波ホワイト バイツェンスタイル」。 売店スタイルと 書いてあります確かに原材料は大麦麦芽小麦麦芽なのですが これもまた 島根県浜田市産安納芋が使われています。なんでヴァイツェンに安納芋なんだろう。地元の名産なのかもしれませんが、謎です(笑)
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BiS2nd 新生アイドル研究会「アゲンストザペイン」。

 グラスに注ぐと、少し濁りというか、霞みのある、黄土色っぽいゴールドと言うか褐色。アロマは、少しバナナっぽく、多少、クローブっぽくもあるヴァイツェン的な香りです。
 飲むと、口当たりは柔らかく、ややまったりな印象ですが、それでもボディはライト。まったりとした味わいです。
 個人的には、もうちょっとヴァイツェンとしてのしっかり感が欲しかったかな。まあ、飲みやすくはあります。つうか、やっぱりなんで安納芋を使ってるんだろう。すごく謎。
 さつまいもと水飴の副原料感も少し感じますが、なにより、もう少しヴァイツェン感が欲しいかな。しかし、なんでそこまで安納芋を使ってるのか、よく分からないです。

「穂波ホワイト バイツェンスタイル」
◯原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、さつまいも、水飴、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:株式会社三島ファーム(島根県)
(http://mishima-farm.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

島根県・三島ファームの「穂波ブラウン セッションビター」

 この日、飲んだのは、(株)島根県・三島ファームの「穂波ブラウン セッションビター」。島根県産ショウガを使ったビールだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BAND-MAID「glory」。

 グラスに注ぐと、色は、結構暗い褐色。少し赤みがかってるので、暗い赤焦げ茶って感じかな。
 アロマは、不思議なスパイシーな香りです。生姜の香りだなあ。結構爽やかなタイプの生姜の香りです。生姜と言っても“ジンジャー”というよりは、寿司屋の“ガリ”に近い印象の香りです。おもしろいなぁ。寿司が食べたくなる(笑)

 飲むと、口当たりはスムースで、ボディーはライト。結構さっぱりとした飲み口です。色の割には、モルト感は非常に軽め。アルコール分は3.5%だそうで、飲み口の軽さにも納得です。苦味は感じられはしますが、結構軽く、アロマよりはややおとなしいショウガのフレーバーを感じます。
 ラベルには、「生姜がほのかに香る、ごくごく飲めるビターをお楽しみください」と書いてあります。飲んでみると、こんなに生姜が効いてるのに、確かに結構ゴクゴクいけます。これなんだろう、意外に面白い(笑)
 生姜の香りが、寿司屋の“ガリ” っぽい香りなのですが、そのせいか、妙に酢飯が食べたくなってしまいました(笑)

「穂波ブラウン セッションビター」
◯原材料:麦芽、生姜(島根県産)、ホップ
◯アルコール分:3.5%
◯内容量:330ml
◯製造者:株式会社三島ファーム(島根県)
(http://mishima-farm.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

島根県・三島ファームの「穂波安納 (オリジナルエール)」

 この日、飲んだのは、島根県・三島ファームの「穂波安納 (オリジナルエール)」。製造元の地元である島根県浜田市産の安納芋を使用したビールだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、和楽器バンド「細雪」。

 グラスに注ぐと、色は透明な、何とも不思議な黄土色っぽい褐色、というか、蜂蜜色というか、そんな色です。
 アロマは、ちょっと硬い印象のホップの香りと、それと一緒になって感じられるというか、その向こうにあるというか、何か違った香りを感じます。芋っぽいような、芋っぽくないような感じですが、おそらく芋由来の香りではないかと思います。特別おかしな香りではないです。
 飲むと、飲み口は軽く、ボディはライト。おとなしめにホップのフレーバーが少し感じられ、同時に、猿とは異なる香りアロマにもあった何かてんてんてんおそらく芋由来の香りを少し感じます。
 確かに、ラベルには、「こんなにも安納芋を使用したクラフトビールはないのではないかと思えるほど、たっぷり使用しています」と書いてあるくらいなので、量的にかなりの芋が使われてるんでしょうね。独特の副原料感には、好き嫌いがあるところですが、まあ、これもある意味、地産地消なのでしょう。
 芋を使った国内のクラフトビールといえば、コエドの「紅赤」が比較的メジャーな気がしますが、まあ、それに近いといえば、それっぽいのかな。まあ、私自身も、意外に「紅赤」をそんなに頻繁に飲んでいるわけではないので、比べてどうなんだと言うと、ちょっとよくわかんないとこありますが、芋のキャラクターがあるといえばあるような気はします。

 やはり、食べ物に合わせるなら、サツマイモ料理なんでしょうね。スイートポテトとか、さつまいもの天ぷらとか、そういうものには合わせやすいのかなという気はします(スイートポテト食べながら、あまりビールは飲まないけど)。しかし、以前も書きましたが、この三島ファームは、最近開業したばかりのブルワリーですが、ほんと変わったスタイルばかり作ってますね。1回、現地に行ってみたいような気もしますが、浜田は遠いんですよねぇ。

「穂波安納 (オリジナルエール)」
◯原材料:麦芽、さつまいも、ホップ
◯麦芽使用率:50%以上
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:株式会社三島ファーム(島根県)
(http://mishima-farm.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

鳥取県・大山G(久米桜麦酒(株)の「鬼太郎ビール ペールエール」

 この日、飲んだのは、鳥取県・大山G(久米桜麦酒(株)の「鬼太郎ビール ペールエール」。今でこそ、境港・水木しげるロードなどで売られている「鬼太郎ビール」は、久米桜麦酒のビール(大山Gビール)ですが、昔は境港に「夢みなとビール」というブルワリがあって、そこが「鬼太郎ビール」を作ってましたね。今でも、「鬼太郎ビール」を目にする度に、当時の思い出とともに、思い出したりします。懐かしい。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、レキシ「GET A NOTE」(アニメ第6期「ゲゲゲの鬼太郎」2ndエンディング)。

 グラスに注ぐと、色は少し濁りのある、やや暗い褐色。アロマは、少し固い印象のホップの香りです。
 飲むと、ホップのフレーバーをしっかりと感じ、モルト感に下支えされた、ほどほどにしっかりとした苦味を感じます。ただ苦いだけじゃなくて、モルト感とのバランスがとれているので、いい感じの味わいですね。
 後口には、苦味の余韻がじわじわと残りますが、極端に苦過ぎるわけではなく、マイルドな余韻といった感じでいい感じ。ガツンとこないペールエールっていいな。

「鬼太郎ビール ペールエール」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:4.5%
◯内容量:330ml
◯製造者:久米桜麦酒株式会社(鳥取県)
http://g-beer.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.