FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
島根県・(株)石見麦酒の「オロチセゾン」

 この日は、休日で天気も良かったので、松江市内を散策。夕方前の時間帯でしたが、前から気になってた立ち飲みのお店(酒屋さんに併設)に入ってみました。
 寒かったので、最初に日本熱燗を飲んだ後、ビールも頂きました。ちなみにこちらのお店、基本は日本酒ですが、ほかにも焼酎やワイン、ビールもあり、クラフトビールでは、島根県西部(江津市)の(株)石見麦酒と、なぜか のベアードブルーイングのボトルが置いてあります。
(※石見麦酒については、こちらの酒屋さんの本店が島根県西部にあるからというご縁で置いてあるそうです)

 ということで飲んだのは、島根県・(株)石見麦酒の「オロチセゾン」。副原材料として、雲南市特産の特大サイズのトウガラシ“オロチの爪”と、同じく雲南市産の米が使われてるようです。雲南市内にある焼き肉ホルモンのお店「笑ら炎」とのコラボ商品らしいです。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは、わずかに小麦?っぽさもありつつ、明らかに何か違うスパイシーな香りが……。
 飲むと、炭酸刺激はしっかり強めで、ボディはライト。モルト感は軽く、アロマで感じたように思った小麦はもしかしたら勘違いかなというスパイシーさ。いや、少し小麦っぽさもあるか。で、やはりきます。トウガラシのピリピリ感とした辛さ(笑)
 アルコール分は6%ですが、モルト感が軽いので、結構、辛さがしっかりきます。
辛い中にも、後口に少しふんわりと、小麦っぽい後味を感じます。
 辛さは、飲んでいくごとにさらに強くなります。以前飲んだ、アメリカ・BALAST POINTの「」 に比べたらかわいいもんですが、これはこれでなかなか辛い。だんだんと口の回りが ピリピリしてきました(笑)
 焼き肉ホルモンのお店とのコラボ商品なので、何かしらのテーマがあってトウガラシが使われてるんだと思いますが、個人的には、焼き肉食べながら辛いビールはツラいかな(笑) 肉の下ごしらえで、漬け材とかにしたら、肉も割には分ける柔らかくなるし、少しピリ辛な風味も着くし面白いかもですね。

「オロチセゾン」
◯原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、米(雲南市産)、ホップ、唐辛子(雲南市産)
○麦芽使用率:50%以上
◯アルコール分:6.0%
◯内容量:330ml
○販売者:有限会社イタモト
(http://itamoto.co.jp/)
◯製造者:株式会社石見麦酒(島根県)
(http://www.iwami-bakushu.com/)

【お店情報】タチキュウ
〇所在地:島根県松江市末次本町91
〇営業時間:12:00~19:00
〇定休日:火曜日
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

島根県・島根ビール(ビアへるん)の「縁結麦酒スタウト」

 この日、飲んだのは、島根県・島根ビール(ビアへるん)の「縁結麦酒スタウト」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「悲しみの忘れ方」。

 グラスに注ぐと、色は黒に近い暗褐色。 アロマは、香ばしく、濃色モルト由来の、チョコレートを思わせるトースト香を感じます。
 飲むと、飲み口はまったりとしていて、ボディは結構しっかりめのミドルレベル。モルトのまったりしっかりとしたコク、甘味とともに、後口にじんわりと残る苦味がいいです。
 ビアへるんの定番だし、ちょいちょい飲んでるビールなのですが、家で飲むのは久しぶり。やはり、まったり美味いですね。

「ビアへるん 縁結麦酒スタウト」
◯原材料:麦芽、ホップ、乳糖
◯アルコール分:5.5%
◯内容量:350ml
◯製造者:島根ビール株式会社(島根県)
http://www.shimane-beer.co.jp/
松江地ビールビアへるん楽天市場店

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

島根県・(株)三島ファームの「穂波ゴールデン アメリカンペールエール」

 この日、飲んだのは、島根県・(株)三島ファームの「穂波ゴールデン アメリカンペールエール」。三島ファームのビールなので、例によって、島根県浜田市産のサツマイモ(べにはるか)を使ったビールです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、GARNiDELiA「約束-Promise code-」。

 グラスに注ぐと、色は、何だろう……黒い、結構濁りのある、暗い濁った焦げ茶色かな。アロマは独特の、甘いような……イメージとしては、ちょっと芋っぽい、不思議な香りです。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディは少ししっかりめのライト。ややまったりとした、モルト感と言うか、さつまいも感と言うか、不思議な味わいとコクを感じますが、甘味自体はそれほど強いわけではありません。裏面のラベルには、「爽やかな柑橘の香り」と書いてあります。おそらくホップのフレーバーのこと言ってるんだと思いますが、よく分からないかな。ただ、「芋感」はすごくありますね。独特の香りは、とても「サツマイモ」感があります(笑)
 のど越しあたりから後口にかけて優しい苦味を感じ、後口には、じわじわとその余韻が残ります。
 商品名は「アメリカンペールエール」ですが、原材料的にも、実際に飲んだ印象的にも、アメリカンペールエールではないですね。独特の美味しさと言えば美味しさなのかもしれませんが、かなり個性的。というか、このブルワリーは、とにかくサツマイモ推しなんですね。色々なスタイルのビールに、唐突にサツマイモを打ち込んでいる感じがあります。開業したばかりの新しいブルワリーなのに、なんでまた、こんな個性的なビールばかり作るのかな。ベーシックなビールをブラッシュアップしてって欲しいような気もしたりするのですが。また「ビール保守」的な感想なんでしょうねぇ。

「穂波ゴールデン アメリカンペールエール」
◯原材料:麦芽、さつまいも、水飴、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:株式会社三島ファーム(島根県)
(http://mishima-farm.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

島根県・三島ファーム(穂波)の「穂波ホワイト バイツェンスタイル」

 この日、飲んだのは、島根県・三島ファーム(穂波)の「穂波ホワイト バイツェンスタイル」。 売店スタイルと 書いてあります確かに原材料は大麦麦芽小麦麦芽なのですが これもまた 島根県浜田市産安納芋が使われています。なんでヴァイツェンに安納芋なんだろう。地元の名産なのかもしれませんが、謎です(笑)
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BiS2nd 新生アイドル研究会「アゲンストザペイン」。

 グラスに注ぐと、少し濁りというか、霞みのある、黄土色っぽいゴールドと言うか褐色。アロマは、少しバナナっぽく、多少、クローブっぽくもあるヴァイツェン的な香りです。
 飲むと、口当たりは柔らかく、ややまったりな印象ですが、それでもボディはライト。まったりとした味わいです。
 個人的には、もうちょっとヴァイツェンとしてのしっかり感が欲しかったかな。まあ、飲みやすくはあります。つうか、やっぱりなんで安納芋を使ってるんだろう。すごく謎。
 さつまいもと水飴の副原料感も少し感じますが、なにより、もう少しヴァイツェン感が欲しいかな。しかし、なんでそこまで安納芋を使ってるのか、よく分からないです。

「穂波ホワイト バイツェンスタイル」
◯原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、さつまいも、水飴、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:株式会社三島ファーム(島根県)
(http://mishima-farm.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

島根県・三島ファームの「穂波ブラウン セッションビター」

 この日、飲んだのは、(株)島根県・三島ファームの「穂波ブラウン セッションビター」。島根県産ショウガを使ったビールだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BAND-MAID「glory」。

 グラスに注ぐと、色は、結構暗い褐色。少し赤みがかってるので、暗い赤焦げ茶って感じかな。
 アロマは、不思議なスパイシーな香りです。生姜の香りだなあ。結構爽やかなタイプの生姜の香りです。生姜と言っても“ジンジャー”というよりは、寿司屋の“ガリ”に近い印象の香りです。おもしろいなぁ。寿司が食べたくなる(笑)

 飲むと、口当たりはスムースで、ボディーはライト。結構さっぱりとした飲み口です。色の割には、モルト感は非常に軽め。アルコール分は3.5%だそうで、飲み口の軽さにも納得です。苦味は感じられはしますが、結構軽く、アロマよりはややおとなしいショウガのフレーバーを感じます。
 ラベルには、「生姜がほのかに香る、ごくごく飲めるビターをお楽しみください」と書いてあります。飲んでみると、こんなに生姜が効いてるのに、確かに結構ゴクゴクいけます。これなんだろう、意外に面白い(笑)
 生姜の香りが、寿司屋の“ガリ” っぽい香りなのですが、そのせいか、妙に酢飯が食べたくなってしまいました(笑)

「穂波ブラウン セッションビター」
◯原材料:麦芽、生姜(島根県産)、ホップ
◯アルコール分:3.5%
◯内容量:330ml
◯製造者:株式会社三島ファーム(島根県)
(http://mishima-farm.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.