FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
鳥取県・大山Gビール(久米桜麦酒(株))の「愛魔麦笑 AMABIE DRY HOPPED SOUR WEISS」

 この日、飲んだのは、鳥取県・大山Gビール(久米桜麦酒(株))の「愛魔麦笑 AMABIE DRY HOPPED SOUR WEISS」。ヴァイツェンの麦汁を高濃度で作り、乳酸菌発酵の後にヴァイツェン酵母で発酵させ、シトラホップでドライホッピングしたビールです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「世界中の隣人よ」。
 グラスに注ぐと、色はかなり濁った、くすんだカスタードクリームのような色、カーキブラウンにも近いような色です。アロマは、注いでいる時から、小麦感とサワー感が合わさったような、独特の香りを感じます。

 飲むと、口に含んだ瞬間から、梨やリンゴを思わせるフレーバー、 そしてシトラス感のあるホップフレーバーを感じ、さらに、はっきりとした酸味、サワー感と、細やかな炭酸刺激を感じます。シトラホップでドライホッピングしてあるようなので、シトラによる清涼感のある柑橘感もしっかり出ていますね。
 酸味はしっかりとしていますが、刺さるような尖り方ではなく、それなりのマイルドさも併せ持っています。
 味わいとしては、もちろん酸味がメインなのですが、甘味があるわけではないけど、酸味を下支えするコクがあり、ちゃんと味わえるビールです。
 サワービールだけど飲みやすいですね。あっさりとはしているのですが、実はアルコール分は7%と高めで、 時間差で効いてくる感じでしょうか。

「愛魔麦笑 AMABIE DRY HOPPED SOUR WEISS」
◯原材料:麦芽(ドイツ産、イギリス産)、ホップ(Citra)
◯アルコール分:7.0%
◯IBU:12
◯内容量:330ml
◯製造者:久米桜麦酒株式会社(鳥取県)
http://g-beer.jp/

スポンサーサイト



テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

島根県・ビアへるん(島根ビール(株))の「縁結麦酒スタウト」

 この日、飲んだのは、島根県・ビアへるん(島根ビール(株))の「縁結麦酒スタウト」。ビアへるんの定番ですが、時々は飲んでおかないとね。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Official髭男dism 「Pretender」。

 グラスに注ぐと、色は結構黒い暗褐色。アロマは、少しほろ苦さと軽い甘味を予感させる、香ばしい濃色モルトの香りです。
 飲むと、飲み口はマイルドで、ボディはややしっかりめのライト。軽い香ばしさと、柔らかなモルトの甘味、コクを感じます。
 苦味は大して感じられず、じんわりと味わえる定番のミルクスタウトといった感じです。こういうビールを普段飲みしたいですね。と言うか、島根県松江市に住んでいて、それができる状況にあるのがありがたいです。

「縁結麦酒スタウト」
◯原材料:大麦麦芽(ドイツ産、イギリス産)、乳糖(乳成分由来)、オーツ麦、ホップ
◯アルコール分:5.5%
◯内容量:350ml
◯製造者:島根ビール株式会社(島根県)
http://www.shimane-beer.co.jp/
松江地ビールビアへるん楽天市場店

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

島根県・ビアへるん(島根ビール(株))の「ペールエール」

 この日、飲んだのは、島根県・ビアへるん(島根ビール(株))の「ペールエール」。楽天でお取り寄せした、広島・キング軒の汁なし担々麺を食べながら。

 グラスに注ぐと、色は透明な褐色。アロマは、少し柑橘感のあるホップの香りを感じます。
 飲み口はマイルドで、ボディはライト。モルト感もそこそこあり、モルトの味わいが十分ある上に、ホップのしっかりとした苦味、ホップのフレーバーが効いてきます。
 バランスが取れて美味しいです。苦味の強さも、モルト感と調和が取れている中での強さなので、尖っておらず優しいです。松江市に住んでいますが、普段、ビアへるんのビールを飲むときには、縁結麦酒スタウトとか“おろち”とか飲んでる気がするので、久しぶりに飲みました。

「ビアへるん ペールエール」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:350ml
◯製造者:島根ビール株式会社(島根県)
http://www.shimane-beer.co.jp/
松江地ビールビアへるん楽天市場店

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

岡山県・吉備土手下麦酒((株)ゼンワークス)の「Session IPA」

 この日、飲んだのは、岡山県・吉備土手下麦酒((株)ゼンワークス)の「Session IPA」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、In This Moment「The In-Between」。

 グラスに注ぐと、色は気持ち薄めなゴールド。アロマはかなりライトですが、ふんわりとホップの香りは感じられます。
 飲むと、飲み口はスムースで、ボディはライト。モルト感は軽く、甘味は軽く感じられますが、ホップの苦味の方が少し印象が強いですね。ホップのフレーバーも感じられますが、これも結構軽いです。
 苦味そのものは、ものすごく強いというわけではないと思いますが、苦味の余韻は微妙に残るような気はします。飲み口は軽快で、比較的スルスルと飲めますが、苦味のややザラッとした印象があり、ゴクゴクとはいかないかな。
 吉備土手下麦酒もセッションIPAを作ってるとは。相変わらずいろいろなものを作ってるブルワリーですが、今まで吉備土手のSession IPAを飲んでなかったのは意外かも。
 吉備土手下麦酒といえば、その昔、広島のビアバー「Golden Garden」のイベントツアーで、みんなで吉備土手下麦酒の「普段呑み場」に行ったことを思い出します。楽しかったなぁ…。

「Session IPA」
◯原材料:麦芽、大麦、ホップ
◯麦芽使用率:25%未満
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:株式会社ゼンワークス 吉備土手下麦酒醸造所(岡山県)
     (http://kibidote.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

広島県・広島北ビールの「廣島 鷹野橋 鷹ノ爪麦酒」

 この日、飲んだのは、広島県・広島北ビールの「廣島 鷹野橋 鷹ノ爪麦酒」。“鷹野橋プロジェクト”とも書いてあるので、 広島市中区にある鷹野橋商店街とタイアップした、企画もののビールなのかもしれません。

 グラスに注ぐと、色はほぼ透明な、気持ち、少しくすんだようなゴールドブラウン。アロマは、独特のホップの香りと、何か不思議な香りを感じますが、小麦麦芽が使われているので、小麦っぽさも少しあるのですが、なんか不思議な香り。
 飲むと。 飲み口はマイルドでボディはライト。小麦っぽいフレーバーもあるな…と 思ったらきました、唐辛子の辛さ(笑)
 じわじわと辛さが効いてきます。結構辛い。そもそも、個人的には唐辛子入りビールはあまり得意ではないのです(得意な人がいるのかどうか分からんけど)。とはいえ、これまでも海外のブルワリーの唐辛子入りビールは何種類か飲んできましたが、感想はどれも同じようなものです(笑)
 ということで、これも得意じゃない~。でも、多分ベースになってるビールは嫌いではないかな多分(笑)

「廣島 鷹野橋 鷹ノ爪麦酒」
◯原材料:大麦麦芽(カナダ製造)、小麦麦芽、ホップ、唐辛子
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:広島北ビール株式会社(広島県)
(https://hiroshimakita-beer.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.