FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
岡山県・宮下酒造(独歩)の「Imperial Ale」

 この日、飲んだのは、岡山県・宮下酒造(独歩)の「Imperial Ale」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「平行線」。

 グラスに注ぐと、色は結構暗い焦げ茶色。アロマは、濃色モルトによる少し香ばしい香りを感じます。少し甘味を予感させる香りです。その香りの中に、ほんのわずかに、清涼感のあるホップらしき香りを感じます。
 飲むと、口当たりはまったりとしていて、ボディはミドルレベル。モルトのしっかりとした甘味とコクを感じつつ、ホップのしっかりとした苦味を同時に感じます。
 後口には、苦味の余韻がそこそこ残りますが、全体印象で言えば、モルトの甘味の印象の方が強いですね。
 モルト感の強さ、甘さの印象は、“ドッペルボックっぽい”感じになってますが、苦味はそれなりにしっかりあるので、そのへんがIPAらしさでしょうか。
 7.5%のアルコール分もあり、飲み応えもしっかりしているので、じっくりゆっくりと飲めますな。

「独歩 Imperial Ale」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:7.5%
◯内容量:330ml
◯製造者:宮下酒造株式会社(岡山県)
http://msb.co.jp/

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

岡山県・ 宮下酒造 の「ゆず独歩」

 この日、飲んだのは、岡山県・ 宮下酒造 の「ゆず独歩」。ゆず果汁と ゆずピールを使ったビールです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、和楽器バンド「独歩」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある黄土色っぽい褐色。 アロマは、ゆずのものらしき爽やかな柑橘系の香りと、硬い印象のホップの香りが合わさった香りを感じます。
 飲むと、ボディはライトで、炭酸刺激と合わさった独特の酸味と、その後から来る軽い苦味を感じます。モルト感は軽く、甘味は大して感じられません。飲み口はさっぱりとしていて、さらりと飲める感じです。
 アルコール分は5%と、まあ普通なのですが、ビール的な飲み応えは大して感じられず、完全にビアカクテルといった印象です(実際そうなのですが)。
 宮下酒造の独歩は、もともと「マスカットピルス」や「ピーチピルス」などビアカクテル的な商品も定番にあるので、これもその延長線上なのかなと思います。
 まあ、好き好きなのだと思いますが、こういったものをきっかけに、本格的にクラフトビールを飲み始める人もいるかもしれないので、導入の一つとしては良いのではないでしょうか。

「ゆず独歩」
◯原材料:麦芽(麦芽使用率50%以上)、ゆず果汁(国産)、ゆずピール、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:宮下酒造株式会社(岡山県)
http://msb.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

岡山県・ 宮下酒造の「独歩 酵母入りデュンケル生ビール」

 この日、飲んだのは、 岡山県・ 宮下酒造の「独歩 酵母入りデュンケル生ビール」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Mr.BIG「To Be With You」。


 グラスに注ぐと、色はそこそこしっかりした色の焦げ茶色。アロマは、モルトの甘味み予感させる、少し香ばしい香りです。
 飲むと、飲み口はスムースで、ボディはライト。アロマの印象のとおり、モルトの香ばしいフレーバーと、じんわりと甘いモルトの甘味と味わいを感じます。デュンケルらしく、苦味は弱め。軽い苦みはありますが、トータルではモルト寄りです。
 もうかなり昔のことになりますが、私が初めてビアテイスターの講習を受けた時、実技のところで、「デュンケル」スタイルのサンプルとして供されたのが、この独歩のデュンケルでした。
 そう考えると、日本地ビール協会も、このデュンケルを、「デュンケルらしいデュンケル」として認めているということなんでしょうね。そういった意味で、思い出深いデュンケルだったりします。まあ、ベーシックなスタイルということもあり、安心感はありますね(笑)

「独歩 酵母入りデュンケル生ビール」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:宮下酒造株式会社(岡山県)
http://msb.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

岡山県・独歩(宮下酒造)の「スパークリングビール」

 この日、飲んだのは、岡山県・独歩(宮下酒造)の「スパークリングビール」。シャンパン酵母を使ったビールです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Kalafina「Magia」。

 グラスに注ぐと、概ね透明というか、ほんのわずかに霞みもあるような、少し黄土色っぽい褐色です。アロマは、シャンパン的というよりも、どちらかというとシリアルを思わせる香りで、その向こう側にわずか~にシャンパンがいるような気がします(笑)

 飲むと、意外にまったりとした飲み口で、ボディはライト。結構モルト感が感じられつつも、甘いというわけではなく、落ち着いた苦味がそこに被さってきます。
 シャンパン酵母によるシャンパンぽさも 少しは感じられるような気はしますが、なんとなく小麦っぽいなという印象。と、思ったら、よく見たら小麦麦芽が使われてました。どちらかと言うと、小麦の印象の方が強いかな。
 シャンパン酵母を使った他のビールを飲んだことがない人は、この小麦によるフレーバーが「あーシャンパンぽいかも」と感じられるかも? シャンパンぽさはともかく、飲みやすいビールだとは思います。

「独歩 スパークリングビール」
◯原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、米、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:宮下酒造株式会社(岡山県)
http://msb.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

岡山県・宮下酒造(独歩)の「桃太郎ビール」

 この日、飲んだのは、岡山県・宮下酒造(独歩)の「桃太郎ビール」。ラベルこそ桃太郎ビールですが、中身は独歩のレギュラー品「 雄町米ラガービール」のようです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、日向坂46「JOYFUL LOVE」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは、少し硬い印象のホップの香りで、少しシリアルっぽい香りも感じられます。
 飲むと、ボディはライト。当然ながら、副原料として米(雄町米) が使われていますが、クリスピーさはそれほど強く感じず、ほどほどのモルトのコクを感じます。
 控えめですが、モルトの甘味も感じられ、それと釣り合うレベルのバランスのとれたホップの苦味を感じます。
 アルコール分は5%で、米も使われてるのに、意外にまったりとしたマウスフィールです。苦味も、それなりにほどほどに効いていていい感じで“ビールっぽい”。米が使われてるなら、もうちょっとクリスピーさが感じられてもいいのかなと思わないでもないですが、普通に美味しいビールだと思います。

「独歩 桃太郎ビール(雄町米ラガービール)」
◯原材料:麦芽、米(雄町米)、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:宮下酒造株式会社(岡山県)
http://msb.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.