FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
島根県・びあヘルン(島根ビール)の「檸檬Weizen」

 この日、飲んだのは、島根県・びあヘルン(島根ビール)の「檸檬Weizen」。広島県尾道市瀬戸田町のレモンが使われてます。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「スカウトマン」。

 グラスに注ぐと、色は濁りのある、やや暗めのレモンイエローぽっい色。カーキ色っぽい、明るい褐色とも言うかな。アロマは、酸味を予感させる、何と言うか、ストレートに言うと「レモン果汁っぽい」ような香り。そこに少しだけ控えめに、クローブっぽい香りを感じる辺り、ベースがヴァイツェンなんだなということを感じさせます。
 飲むと、酸刺激は細やかで、ボディーはライト。モルト感はとても軽く、甘味を感じるより前に、レモンの酸味…いや、実際は酸味が強いのではなく、レモンのフレーバーが強いのかな。ベースのヴァイツェンの、クローブ的なフレーバーに、レモンのフレーバーがプラスされて、独特の爽やかなフレーバーになっています。なんというか、ほぼレモンな感じにも思えなくもないですが(笑)
 爽やかでフルーティなフレーバーで、缶のラベルにも書いてありますが、肉の香草焼きや、魚の塩焼きなんぞと合うかもしれませんね。ちなみに、「魚の塩焼き」のところに、( )して「のどぐろ、…」って書いてあるあたり、島根のご当地感を感じました(笑)

「檸檬WEIZEN(レモン・ヴァイツェン)」
◯原材料:麦芽(小麦麦芽含む)、広島県産レモン(果皮、果汁含む)、ホップ
◯アルコール分:5.5%
◯内容量:350ml
◯製造者:島根ビール株式会社(島根県)
http://www.shimane-beer.co.jp/

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

島根県・ビアへるん(島根ビール(株))の「ゴールデン・スパークリング」

 この日、飲んだのは、島根県・ビアへるん(島根ビール(株))の「ゴールデン・スパークリング」。
 グラスに注ぐと、色は、少しだけ霞みがある黄色っぽい色。アロマは、軽快で上品な、「ネルソン・ソーヴィン」ホップの香りを感じます。
 飲むと、口当たりは爽快というよりも、ややまったりめ。でも、ボディはライトです。まったりとモルトの甘味、コクを感じつつ、「ネルソン・ソーヴィン」ホップのフルーティーで華やかなフレーバーを感じます。
 ホップ香は、軽快なネルソン・ソーヴィン の上品な香り。モルト感もありつつ、そこそこにしっかりとした苦味もありますね。なので、ただフルーティーなだけでなく、ビールらしさも感じられます。
 飲み口は、意外にまったりな印象こそありましたが、ビール自体は、まったり系というよりは、あっさり、さらりと飲めるタイプです。これからの季節にいい感じの、飲みやすい、美味しいビールだと思います。

「ゴールデン・スパークリング」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5.5%
◯内容量:350ml
◯製造者:島根ビール株式会社(島根県)
http://www.shimane-beer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ビアへるん(島根ビール(株))の「しまねっこえーる(ヴァイツェン)」

 この日、飲んだのは、ビアへるん(島根ビール(株))の「しまねっこえーる(ヴァイツェン)」。「しまねっこ」というのは、島根県の観光キャラクター=ゆるキャラです(ラベルに描かれてる猫的なヤツ)。ちなみに、中身は、ビアへるんのレギュラー商品の1つヴァイツェンです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、和楽器バンド「細雪」。

 グラスに注ぐと、色は濁りのある、イエロー系の褐色。アロマは、「これぞヴァイツェン」といった感じの、バナナっぽさもあるクローブ香です。飲むと、口当たりはとてもまったりとしていて、炭酸刺激は細やか。ヴァイツェンらしい、しっかりとしたクローブフレーバーが感じられますね。ヴァイツェン的なレベルで、モルト感はそこそこあり、当然のごとく、苦味は弱いです。ヴァイツェンらしいヴァイツェンとも言えるような気はします。

 ちなみにこの日(5/16)は、松江市に引っ越してきて初めて、ライブに参戦しました。参戦したライブは、「和楽器バンドTOR 2018 音ノ回廊」、会場は島根県民会館中ホールでした。チケットの申し込み時期が、転勤の前後だったため、バタバタしててなかなか申し込みが出来ず、結果的に申し込みが遅くなり、2階席の2列目と、あまり良い席ではありませんでした(2階席は、座ったままのお客さんが多く、熱量的にいまいちなので、個人的にはちょっと)。
 昨年参戦した、広島での和楽器バンドライブに比べると、ステージ、ホールはかなり小さかったですが、逆に、1階席の最前列のお客さんと、演者の距離の近さに驚きました。最前列のお客さんからステージ縁までは、1~2メートルくらいしかなかったと思います。まあ、最後に、演者(ドラム・山葵)から、最前列の客さんにスティックを手渡ししてたぐらいですから(笑)
 次はもう少し大きなホールでみたいところですね(島根なら是非、島根県民会館の大ホールで)。でも、島根に和楽器バンドが来てくれるとは思ってなかったので、嬉しかったです。

「しまねっこえーる(ヴァイツェン)」
◯原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ
◯アルコール分:6.0%
◯内容量:350ml
◯製造者:島根ビール株式会社(島根県)
http://www.shimane-beer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

松江ビアヘルン(島根ビール株式会社)の「ヴァイツェン」

 この日飲んだのは、松江ビアヘルン(島根ビール株式会社)の「ヴァイツェン」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、PassCode 「ONE STEP BEYOND」。

 色は濁りのあるカーキブラウン アロマは、澄んだ印象の、クローブを思わせる香り。バナナっぽさも少し。
 飲むと、 口当たりがとっても柔らかく、アロマと同様のグローブぽい香りはしっかり。まったりとしたモルト感を楽しみつつ、のんびりと頂きます。
 濃厚なタイプのヴァイツェンではないのですが、これはこれで飲みやすいので、嫌いじゃないんですよね。
 飲んでると、なぜか、焼き鳥を食べなくなってきました(笑)

「ヴァイツェン」
○原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ
○アルコール分:5.5%
○内容量:350ml
○製造者:島根ビール株式会社(島根県)
http://www.shimane-beer.co.jp/
松江地ビールビアへるん楽天市場店

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

島根県・石見麦酒の「DRY STOUT 960」
2016,08,28_blog
 この日飲んだのは、島根県・石見麦酒の「DRY STOUT 960」。石見麦酒のビールの多くには、一般公募で選ばれた、いろいろなものに因んだ“番号”が付いていますが、このビールの“960”は、シンプルに「黒」→「96」から「960」と名付けられたそうです。ちなみに、試作段階では、島根県内から集めた様々な自家焙煎コーヒー豆を使って試作品が作られたそうですが、その試作品が「961」~「967」なんだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Stratovarius 「Eagleheart」。

 グラスに注ぐと、色は、黒に近い暗褐色。見た目はほとんど黒です。アロマは、香ばしい濃色モルトの焙燥香。やや甘味も予感させる、ほろ苦なコーヒー的香り。ミルクチョコレートを思わせる香りにも感じます。
 飲むと、口当たりは意外に軽くて、かつマイルド。口に含むと、モルトの香ばしくほろ苦なフレーバーを感じます。香りの印象に比べると、甘味はそれほど強くはないですね。甘味、味わいはありますが、甘味は控えめな感じかな。苦味は感じますが、それほど強くはないようで、どちらかと言えば、酸味の印象の方が強いかな。あくまでも印象ですが。
 ボディは、意外に軽く、しっかりめのライトといったところでしょうか。
 後口には、苦味と酸味が合わさった余韻と共に、ふんわりとコーヒーっぽい香りも感じるように思います。
 飲み口がドライかというと微妙かもしれませんが、軽快にさらりと飲めるのは確かで、それでいて、それなりに複雑な味わいも楽しめるビールです。

「DRY STOUT 960」
○原材料:大麦麦芽、大麦(江津市産)、ホップ(Naget)、コーヒー(ナマケモノ珈琲、浜田市)
○アルコール分:4.5%
○麦芽使用率:50%以上
○内容量:330ml
○製造者:株式会社石見麦酒
(http://www.iwami-bakushu.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.