FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
岡山県・独歩(宮下酒造)の「スパークリングビール」

 この日、飲んだのは、岡山県・独歩(宮下酒造)の「スパークリングビール」。シャンパン酵母を使ったビールです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Kalafina「Magia」。

 グラスに注ぐと、概ね透明というか、ほんのわずかに霞みもあるような、少し黄土色っぽい褐色です。アロマは、シャンパン的というよりも、どちらかというとシリアルを思わせる香りで、その向こう側にわずか~にシャンパンがいるような気がします(笑)

 飲むと、意外にまったりとした飲み口で、ボディはライト。結構モルト感が感じられつつも、甘いというわけではなく、落ち着いた苦味がそこに被さってきます。
 シャンパン酵母によるシャンパンぽさも 少しは感じられるような気はしますが、なんとなく小麦っぽいなという印象。と、思ったら、よく見たら小麦麦芽が使われてました。どちらかと言うと、小麦の印象の方が強いかな。
 シャンパン酵母を使った他のビールを飲んだことがない人は、この小麦によるフレーバーが「あーシャンパンぽいかも」と感じられるかも? シャンパンぽさはともかく、飲みやすいビールだとは思います。

「独歩 スパークリングビール」
◯原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、米、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:宮下酒造株式会社(岡山県)
http://msb.co.jp/

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

岡山県・宮下酒造(独歩)の「桃太郎ビール」

 この日、飲んだのは、岡山県・宮下酒造(独歩)の「桃太郎ビール」。ラベルこそ桃太郎ビールですが、中身は独歩のレギュラー品「 雄町米ラガービール」のようです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、日向坂46「JOYFUL LOVE」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは、少し硬い印象のホップの香りで、少しシリアルっぽい香りも感じられます。
 飲むと、ボディはライト。当然ながら、副原料として米(雄町米) が使われていますが、クリスピーさはそれほど強く感じず、ほどほどのモルトのコクを感じます。
 控えめですが、モルトの甘味も感じられ、それと釣り合うレベルのバランスのとれたホップの苦味を感じます。
 アルコール分は5%で、米も使われてるのに、意外にまったりとしたマウスフィールです。苦味も、それなりにほどほどに効いていていい感じで“ビールっぽい”。米が使われてるなら、もうちょっとクリスピーさが感じられてもいいのかなと思わないでもないですが、普通に美味しいビールだと思います。

「独歩 桃太郎ビール(雄町米ラガービール)」
◯原材料:麦芽、米(雄町米)、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:宮下酒造株式会社(岡山県)
http://msb.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

広島県・クラフトハートブルワリー((株)ハートピア)の「HIROSHIMA RED BEER」

 この日、飲んだのは、広島県・クラフトハートブルワリー(株)ハートピア)の「HIROSHIMA RED BEER」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、日向坂46「キュン」。

 グラスに注ぐと、ちょっと濁った焦げ茶色っぽい褐色。まあ、焦げ茶色というよりは少し軽いけど、ややくすんだような印象の色でもあります。アロマは、少し、熟した果実のような香りもありつつ、少し香ばしさも感じられるようです。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディはライト。モルト感そのものは重くはありませんが、香ばしさがあり、ライトな中にもしっかり味わいがあります。ホップフレーバーは落ち着いていて、苦味もそれほど強くありません。
 原材料表示を見ると、ハイビスカスが使われてるようです。香りの中に、もしかしたらハイビスカス由来の要素があったのかもしれませんが、よくわかりませんでした。
 アルコール分は3.8%ととても軽く、実際にかなり飲みやすいのですが、ほどほどのモルト感が感じられるので、シャバシャバ な印象ではないです。
 正直際立った個性(クラフトビールの中では)があるというわけではないですが、個人的には、こういうビールは嫌いではないし、何より飲みやすいです。以前、樽で飲んだことがありますが、そのときよりも美味しく感じました。

「HIROSHIMA RED BEER」
◯原材料:大麦麦芽、ホップ、ハイビスカス
◯アルコール分:3.8%
◯内容量:330ml
◯製造者:株式会社ハートピア(広島県)
(http://heartpia.jp/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

広島県・OYSTER CITY BEER(セッションブリュワリー)の「Stout」

 この日、飲んだのは、広島県・OYSTER CITY BEER(セッションブリュワリー)の「Stout」。セッションブリュワリーは、2018年に、広島市中区江波東で開業したばかりの新しいブルワリーです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、 Perfume「FLASH」。

 グラスに注ぐと、色は黒に近い暗褐色。アロマは、ビターチョコレートを思わせる、濃色モルトのトースト香です。
 飲むと、口当たりはとても柔らかく、飲み口はマイルドで、ボディは しっかりめの ライト。モルト感は、ほろ苦さと共に感じられますが、まったり感はそれほど強くなく、意外にあっさり。 甘味は、それほど感じられず、後口に余韻が残る苦味を、しっかりと感じます。
 飲み口はとてもマイルドで、まったり感を求めるかどうかは個人的な好みもありますが、このビール自体は、甘味は控えめな感じですね。 クラフトビールの新しい波が来ていて、最近、新しいブルワリーもどんどん増えてますね。いわゆる「地ビール解禁」の時と比べて、最近のブルワリーはスタート時でもそこそこのレベルで、 身近なお手本もたくさんあるので、楽しみにしてたいですね。

「OYSTER CITY BEER Stout」
◯原材料:麦芽(ドイツ産)、ホップ、牡蠣(広島産)
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:(同)セッションブリュワリー
(https://www.facebook.com/bysessions/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

島根県・石見麦酒の「松江いちじくビール」

 この日、飲んだのは、島根県・石見麦酒の「松江いちじくビール」。「島根県産麦芽に松江市産イチジクを加えたホワイトビール」だそうです。これを作っている石見麦種は、島根県の西の方で、松江市からかなり離れた江津市のブルワリーなのですが、松江市にある島根ビール(ビアへるん)は、生産規模的に、なかなかこういう小規模ロットのOEMには対応しにくいのでしょうね。おそらく、その辺の事情で、石見麦酒が作っているのだと思います。ちなみに、ホワイトビールと書いてありますが、飲んだ感じ、ベースはヴァイツェンに近いような印象でした(後述)。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Platina Jazz「Merry-Go-Round of Life」(From Howl's Moving Castle)。

 グラスに注ぐと、色はかなり濁ってるというか白濁した、ほんのわずかに赤みがかった、くすんだ暗いカスタードを思わせる色です。アロマは、ベースにヴァイツェン的なクローブっぽい香りがあります。その上に、わずかに果実感、おそらく、いちじく由来なんだろうなと思わせる香りを感じます。
 飲むと、炭酸刺激は細やかでしっかり。ボディは、ややしっかりめのライトかな。アロマの印象と同じく、飲んだ感想は、やはりベースはヴァイツェンといった感じで、その上に、ほのかに果実感、いちじくらしきフレーバーを感じます。苦味はそれほど強くはないのですが、気持ち強めかなと言ったところ。もしかしたら、ホップ由来の苦味だけではないのかもしれません。
 もしかしたら、瓶詰めされてから早い段階で飲めば、もっといちじくの印象が強いのかもしれませんが、個人的に、そもそも普段からあまりいちじくを食べない私にとっては、それほどグッとくるものはなかったです。ごめんなさい。
 しかし、石見麦酒は、比較的近年に設立されたブルワリーなのに、どの商品を飲んでも、“特色ある副原料”を使いまくりで、かなり攻めたビールが多い印象ですね。(今回の「松江いちじくビール」は、販売者の(合)大根島研究所との企画のため、いちじくが使用されてるのだと思いますが)ベーシックなスタイルも飲んでみたいんだけどなぁ。。

「松江いちじくビール」
◯原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、いちじく、オーツ麦、ビーツ、ホップ
◯アルコール分:5.0%
◯麦芽使用率:50%以上
◯内容量:330ml
◯販売者:合同会社 大根島研究所
◯製造者:株式会社石見麦酒(島根県)
(http://www.iwami-bakushu.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.