Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
イギリス・Weird Beardの「FIVE O'CLOCK SHADOW AN AMERICAN IPA」

 この日飲んだのは、イギリス・Weird Beardの「FIVE O'CLOCK SHADOW AN AMERICAN IPA」。イギリスのブルワリーが作った“アメリカンIPA”ですね。ラベルには、「好きなTexmexフード食べながら飲んでくれよな」とか書いてあるし、さらにイギリスらしくない感を出してます。私はTexmex系は好きなのですが、さすがに夜になって急に言われても…って感じで、さすがに我慢しました。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BAND-MAID 「alone」。

 グラスに注ぐと、色は、少し白濁っぽい濁りのある褐色。アロマは、青くて少し土っぽさもあるフレッシュな柑橘系なホップの香りです。
 飲むと、口当たりは柔らかく、ボディはしっかりなミドルレベルくらい。モルトの味わいもありつつ、しっかりと強いホップの苦味が効いていています。苦味は強いのですが、尖っているわけではなく、後口には、角の取れたマイルドな苦味の余韻となって感じられます。
 アルコール分は7.0%と高めで、飲んでいると、じわじわとそのアルコールを実感しますが、アメリカンな割には、意外に穏やかな感じ。手堅く美味いビールだと思いますね。充実感も、なかなかります。

「FIVE O'CLOCK SHADOW AN AMERICAN IPA」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:7.0%
○内容量:330ml
○原産国:イギリス(イングランド)
○輸入者:株式会社ウィスク・イー
http://www.whisk-e.co.jp
○製造者:Weird Beard
(http://www.weirdbeardbrewco.com/)

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

イギリス・Weird Beardの「FIVE O'CLOCK SHADOW AN AMERICAN IPA」

 この日飲んだのは、イギリス・Weird Beardの「FIVE O'CLOCK SHADOW AN AMERICAN IPA」。イギリスのブルワリーが作った“アメリカンIPA”ですね。ラベルには、「好きなTexmexフード食べながら飲んでくれよな」とか書いてあるし、さらにイギリスらしくない感を出してます。私はTexmex系は好きなのですが、さすがに夜になって急に言われても…って感じで、さすがに我慢しました。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BAND-MAID 「alone」。

 グラスに注ぐと、色は、少し白濁っぽい濁りのある褐色。アロマは、青くて少し土っぽさもあるフレッシュな柑橘系なホップの香りです。
 飲むと、口当たりは柔らかく、ボディはしっかりなミドルレベルくらい。モルトの味わいもありつつ、しっかりと強いホップの苦味が効いていています。苦味は強いのですが、尖っているわけではなく、後口には、角の取れたマイルドな苦味の余韻となって感じられます。
 アルコール分は7.0%と高めで、飲んでいると、じわじわとそのアルコールを実感しますが、アメリカンな割には、意外に穏やかな感じ。手堅く美味いのだと思います。

「FIVE O'CLOCK SHADOW AN AMERICAN IPA」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:7.0%
○内容量:330ml
○原産国:イギリス(イングランド)
○輸入者:株式会社ウィスク・イー
http://www.whisk-e.co.jp
○製造者:Weird Beard
(http://www.weirdbeardbrewco.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

イギリス(スコットランド)・BrewDogの「RESTORATIVE BEVERAGE FOR INVALIOS AND CONVALESCENTS(SAVAGE DOUBLE IPA)」

 この日飲んだのは、イギリス(スコットランド)・BrewDogの「RESTORATIVE BEVERAGE FOR INVALIOS AND CONVALESCENTS(SAVAGE DOUBLE IPA)」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、陰陽座「黒衣の天女」。

 缶には、すごい長い名前が書いてあるんだけど、商品名は何なの?と思ってたら、缶の裏側っぽい部分には、「SAVAGE DOUBLE IPA」と書いてありました。でも、結局商品か分かりにくい……。ちなみに、ratebeerを見たら、「RESTORATIVE BEVERAGE FOR INVALIOS AND CONVALESCENTS」として紹介されてました。結局これが商品名なのね。
 グラスに注ぐと、色は少し濁りのあるカーキブラウン。アロマは 土っぽい印象のある青い柑橘系なホップの香り。グァバのような、トロピカルフルーツを思わせる香りにも思えます。飲むと、炭酸刺激は細やかで、口当たりは意外にマイルド。ボディはしっかりめのライトで、モルト感はありますが、甘味の印象はそれほど強くはなく、あっさりとした感じ。結構しっかりとした強い苦味があり、後口にもなかなかの余韻として残ります。うーん、結構苦い。
 アルコール分は 8.5%と高く、飲んでる時はそれほどではありませんが、飲んでいくとだんだんと飲み応えが感じられます。
 苦味も強いし、アルコール分も高いので、夜遅い時間とかに飲むと、ガツンとやられる感じです。ある意味、充実感というか、“飲んだ感”はあるので、アメリカンIPAが好きな人には、ええんでないでしょうか(適当)。

「RESTORATIVE BEVERAGE FOR INVALIOS AND CONVALESCENTS(SAVAGE DOUBLE IPA)」
○原材料:麦芽、ホップ、糖類
○アルコール分:8.5%
○内容量:330ml
○原産国:イギリス(スコットランド)
○輸入者:株式会社ウィスク・イー
http://www.whisk-e.co.jp
○製造者:BREW DOG BREWERY
http://www.brewdog.com

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

イギリス・FULLER'Sの「IPA」

 この日、好きなビールの樽の開栓情報を聞きつけ、仕事帰りにちょっとだけ寄り道しました。
 飲んだのは、イギリス・FULLER'Sの「IPA」。最近は、イギリスのブルワリーでも、アメリカンスタイルのIPAを作るところも増えてますが、この「FULLER'S IPA」は、イギリススタイルのIPAです。

 グラスに注がれると、色は、概ね透明なキレイな褐色。アロマは、ふんわり爽やかな上品かつフルーティーなホップの香りです。
 飲むと、口当たりは柔らかくマイルドで、ボディはややしっかりめのライトくらい。フレーバーは、少し柑橘っぽく、華やかでもある、少しだけ爽やかなホップの香り。
 優しく穏やかなモルト感と、ちゃんと感じられつつも穏やかなホップの苦味がいい。じんわりと美味い。いい感じ。
 アルコール分は5.5%とIPAとしては低め。よくある(特にアメリカン)IPAは、もっとアルコール分が高めで、ホップのフレーバー、苦味もガツンときますが、ブリティッシュIPAには、アルコール分がそれほど高くはなく、苦味も(しっかりあるけど)穏やかなものが結構あります。私は、全般的に穏やかなビールが好きなので、こういうイギリスのIPAは大好き。「FULLER'S IPA」は、穏やかにイケる、いいビールです。思わずパイントで飲んでしまいました。やはり美味いビールはパイントでいきたいすね。

「FULLER'S IPA」
○アルコール分:5.5%
○製造者:FULLER SMITH & TURNER P.L.C. GRIFFIN BREWERY
http://www.fullers.co.uk/
-☆-

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

イギリス・FULLER'Sの「ESB」

この日は、好きなビールの開栓情報に誘われて、ちょっと寄り道してしまいました。わざわざ寄り道して飲んだのは、イギリス・FULLER'Sの「ESB」。FULLER'Sですよ、FULLER'S。私が好きなイギリス(イングランド)のブルワリーの1つです。

 グラスに注がれると、色は、概ね透明な、少し赤みがかった褐色。アロマは、観葉植物のような、艶っぽく、でも落ち着いたホップの香りでしょうか。
 飲むと、口当たりはまったりとしていて、ボディはしっかりめのライト。上品かつなめらかなホップのフレーバー、そしてモルトの甘味に下支えされたホップの苦味をしっかり感じます。
 後口には、苦味の余韻がじわりじわりと残り、複雑な味わいとなりつつ、フィニッシュには苦味だけじゃない、いい味わいが残りますねぇ。
 苦いけど、美味い。最近、家で飲んでたビールは、苦味がかなり強いものが多かったのですが、このビールの苦さは、いい。美味い。相変わらずですが、FULLER'Sはいいですなぁ。

「FULLER'S ESB」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:6.0%
○原産国:イギリス(イングランド)
○製造者:FULLER SMITH & TURNER P.L.C. GRIFFIN BREWERY
http://www.fullers.co.uk/
-☆-

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.