FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
ベルギーの「Duchesse Cherry」

 この日、帰省先の広島の馴染みの店で飲んだのは、ベルギーの「Duchesse Cherry」。「DUCHESSE DE BOURGOGNE」のチェリー版的なビールのようです。

 グラスに注ぐと色は少し濁りがあるピンクがかった 褐色紫色っぽく見えるかも アロマ酸味を予感させる、クリーク的な香りです。
 飲むと、すぐに かなりしっかりとした酸味を感じます。さくらんぼを使用してる関係か、ノーマルの「DUCHESSE DE BOURGOGNE」よりも、酸味をかなりはっきりと感じる気がします。“Authentic sour cherry-ale”と書いてありますが、まさにそのとおりですね。
 元々の「DUCHESSE DE BOURGOGNE」の複雑な味わいもあり、ただ酸っぱいだけではないです。なかなかおもしろいですね。雰囲気的には、レッドエールというよりは、ランビックによった印象で、とにかく酸味の印象が強いのですが、それでもベースの「DUCHESSE DE BOURGOGNE」の面影は多少感じられるような気もします。なるほどなぁ。確かに、元の「DUCHESSE」にチェリーを加えた感じ(そのまんま)。
 これを飲んだ上で、通常の「DUCHESSE」を飲んでみると、ベースの美味さがしっかり感じられていいかも。まあ、これはこれで“ベルギーらしい”感じがして面白いですが。

「Duchesse Cherry」
◯原材料:麦芽、ホップ、糖類、さくらんぼ
◯アルコール分:6.8%
◯内容量:11.2FL.OZ.(330ml)ml
◯原産国:ベルギー
◯輸入者:小西酒造株式会社
http://www.konishi.be
◯製造者:Brouwerij Verhaeghe
(https://www.brouwerijverhaeghe.be/)
スポンサーサイト



テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ベルギー・BREWERY LUPULUSの「LUPULUS HOPERA」
2019,02,17_blog
 この日、飲んだのは、ベルギー・BREWERY LUPULUSの「LUPULUS HOPERA」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BEHEMOTH「Blow Your Trumpets Gabriel」。

 グラスに注ぐと、色は、かなり濁りのあるオレンジ色っぽいような、やや赤みのあるような褐色。アロマは、なんだろう、不思議な香り。。ミルクキャラメルっぽいような雰囲気の香りは、多分ホップ由来なんだろうけど、それ以上に酵母っぽい香りもするような気がします。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディは一瞬ミドルくらいあるのかな、と思いきや、意外にライト。アロマで、ミルクキャラメルっぽく感じたのは気のせいだったのかもしれません(?)。比較的硬い印象の、ミルクキャラメルを薄めたような薫り……。モルト感は、あまり強くはなく、甘味はそれほど感じられません。苦味とのバランスの関係もあるのだと思いますが、苦味は、ガツンという激しさではないものの、じわじわと効いてきて、後口にも結構余韻が残るようなレベルの苦味です。
 アルコール分は6%ではありますが、飲みやすいです。……と思ってたら、飲んでいくと、やはりそれなりに6%のアルコールが感じられるようになりますね。
 ホップにこだわり、4種類ぐらいのホップが使われているそうなので、このややこしい香りも、ホップ4種による合わせ技なのかもしれません(笑)
 IBUは30で、 国産大手のビールに比べても高い方ではないですが、見た目の割にモルト感は弱いので、バランスの結果か、後口に苦味の余韻はそこそこ感じられるような気がします。なかなか正体が分かりにくいビールかな。表現が難しい(笑)

「LUPULUS HOPERA」
◯原材料:大麦麦芽、ホップ、糖類
◯アルコール分:6.0%
◯IBU:30
◯内容量:330ml
◯原産国:ベルギー
◯輸入者:株式会社 木屋
http://www.belgianbeer.co.jp
◯製造者:BREWERY LUPULUS
(http://www.lupulus.be)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ベルギー・SIPHON BREWINGの「ZWALUW RYE SESSION ALE」

 この日、飲んだのは、ベルギー・SIPHON BREWINGの「ZWALUW RYE SESSION ALE」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Kalidia「Frozen Throne」。

 グラスに注ぐと、色は、かなり濁りもある、結構暗めの黄土色っぽい褐色。アロマは、基本はシトラスほいホップの香りなんだと思いますが、かなり軽快で、華やかさもある香りですね(使用ホップは、)。ジューシーというのとは、また違った印象の香りかな。
 飲むと、炭酸刺激は細やかながらも結構強めで、ボディはライト。アルコール分は3.3%とかなり軽いので、当然ながらモルト感も軽いです。
 苦味は特段強いわけではないのですが、モルト感、甘味が弱い分、相対的に苦味が多少前に出たような印象です。ラベルを見ると、IBUは34。まあ、国内大手のビールとそんなに変わらないと思います。アルコール分が軽いので、かなりグイグイとイケちゃう感じです。水代わりというほどではありませんが、結構喉を潤す感じでも飲める印象です。なんだこれ、スッゴいごくごくイケる。
 ボディーが軽い中にも、わずかにスパイシーな印象があるような気がするのは、“ライ”によるものなのかな? とにかく、ドリンカビリティは高いです(笑)

「ZWALUW RYE SESSION ALE」
◯原材料:麦芽(Pils、Carapils、Rogge)、ホップ(Hallertau、Mittelfruh、Amarillo)
◯アルコール分:3.3%
◯IBU:34
◯内容量:330ml
◯原産国:ベルギー
◯輸入者:株式会社 木屋
http://www.belgianbeer.co.jp
◯製造者:SIPHON BREWING
(http://www.siphonbrewing.be/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ベルギー「Hoegaarden Witbier」

 この日、飲んだのは、ベルギーの「Hoegaarden Witbier」。 お馴染みのヤツです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Rick Astley「Never Gonna Give You Up」。

 グラスに注ぐと、白濁した、カスタードクリームを思わせる色。いつものヒューガルデンホワイトの色ですね。アロマも、当然ながら、ヒューガルデンらしい、オレンジピールなどのキャラクターがはっきりとした、ホワイトエールな香りです。
 飲むと、飲み口はスムースで、ボディはライト。まあ、いつものヒューガルデン(ホワイト)です。
 オレンジピールがメインで、そこにコリアンダーシードが多少見え隠れするのかな?というような、ホワイトエールらしい ビールです。
 別に珍しいものでも何でもないのですごが、このタイプの缶はあまり見たことなかったので、つい買っちゃった。ただそんだけ。普通に美味しいです。樽の方が美味しいけど。

「Hoegaarden Witbier」
◯原材料:麦芽、ホップ、小麦、糖類、コリアンダーシード、オレンジピール
◯アルコール分:4.9%
◯麦芽使用率:50%以上
◯内容量:330ml
◯原産国:ベルギー
◯輸入者:Anheuser-Busch InBev Japan株式会社
◯製造者:Anheuser-Busch InBev
(https://www.ab-inbev.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ベルギー・BR.VAN HONSEBROUCKの「St.Louis Premium Kriek Lambic」

 この日、飲んだのは、ベルギー・BR.VAN HONSEBROUCKの「St.Louis Premium Kriek Lambic」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Maison book girl「狭い物語」。

 グラスに注ぐと、色は結構暗めな、ダークチェリー的な色です。アロマは、久しぶりに感じる、このいかにも“クリーク”(ベルギーのサクランボ)な香り。ベルビュークリークなどに比べると、やや重い印象の香りかな。飲むと、炭酸刺激は細やかで、ボディは、ややしっかり目のライト。口に含むと、すぐにしっかりとした酸味が感じられ、それを追いかけるように、しっかりとした甘味が感じられます。
 まあ、飲む前から想像してるとおりの味と香りのデザートビールです(笑) 久しぶりに飲むフルーツランビックもいいもんですね。

「St.Louis Premium Kriek Lambic」
◯原材料:小麦、大麦麦芽、砂糖、ホップ、サクランボ、サクランボ果汁
◯アルコール分:3.2%
◯内容量:250ml
◯原産国:ベルギー
◯製造者:BR.VAN HONSEBROUCK
(http://www.vanhonsebrouck.be)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.