Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
デンマーク・Mikkellerの「らーめんビール(らーめんとビール)」 製造はベルギーのブルワリー

 この日、飲んだのは、デンマークのコントラクトブルワリーMikkellerの「らーめんビール(らーめんとビール)」。Mikkellerは、自前の醸造所を持たず、他の醸造所と委託契約(contract)して製造して(もらって)いるブルワリーです。このビールの製造者は、ベルギーのDe Proefというブルワリーのようです。なのでベルギー産ですね。
 スタイルは「Belgian Pale Ale with Yuzu juice added」。つまり、柚子果汁を加えたベルジャンペールエールだそうです。しかし、なんで「らーめんビール」なんでしょう。テーマ自体は分からなくもないですが、Mikkellerがなぜこのテーマでビールを作ったのかは謎です(笑)  → と、思ってたら、このビールのブランドサイトを見たところ、どうやらMikkellerは、デンマークでラーメン店の経営もやってるみたいです。このビールを出してるのか…?!?!。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、SILENT SIREN 「天下一品のテーマ」。

 グラスに注ぐと、色は少し霞みのある、やや濃いめの褐色。アロマは、爽やかと言うか、スパイシーと言うか、不思議な印象の、独特の香りです。どうやら、これが柚子由来の香りのようですね。オレンジピールに近いような、そういうタイプの香りです。
 飲むと、ボディはライトで、すぐに独特の、爽やかかつ、スパイシーな香りを感じます。確かに、柚子かもしれん…。最初に、ホップのややしっかりめの苦味が感じられ、その後、モルトの軽い味わいを感じます。で、その後に、また苦味が戻ってくる感じ。
 んー個人的には、ラーメン食べながら飲むなら、ピルスナーとか、ライトラガーとかそのへんかなと思ったりするんですが、なぜ、柚子入りのベルジャンペールエール? ラーメンに合うとは思わないんだけど…ちょっとよく分からないです。

 ちなみに、原材料として、普通の酵母(yeast)のほかに、“brettanomyces”というものが使われているようです。この酵母は、ワイン作りの世界では、ワインにオフフレーバーをもたらす存在として知られている(忌避されている)そうで、ビールの世界では、ベルギーのランビック酵母(自然酵母群)から分離される酵母として知られているそうです。この酵母を、あえてビールに使うことの利点などはよく分かりませんが、ハッキリと原材料として記載されているので、何か意味があるんでしょうね。

「らーめんビール(らーめんとビール)」
◯原材料:大麦麦芽、ホップ、柚子ジュース、酵母、brettanomyces酵母
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯原産国:ベルギー
◯輸入者:株式会社ウィスク・イー
http://www.whisk-e.co.jp
◯製造者:De Proef Brouwerij(ベルギー)
◯企画者:Mikkeller(デンマーク)
(http://mikkeller.dk/)
(http://ramentobiiru.dk/)

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

デンマーク・Gypsy Incが企画、ベルギー・De Proef製造の「GYPSY INC HIDDEN GEM... INDIA PALE ALE」

  この日、飲んだのは、デンマークのGypsy Incが企画し、ベルギーのDe Proef醸造所が製造した「GYPSY INC HIDDEN GEM... INDIA PALE ALE」。De Proefは、デンマークのMikkellerが企画したビールをよく製造しているブルワリーです。なので、ベルギー産ビールですね。ラベルの説明書きを見る限りでは、Gypsy Incというのは、どうやら、“Mikkellerが率いている醸造集団”の中の1事業者っぽいです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Huluで映画「パシフィックリム」をBGM替わりに観ながら。

 グラスに注ぐと、色は、結構濁りのある、やや暗めの黄土色っぽい褐色です。アロマは結構濃厚で、ジューシーな、柑橘やマンゴーを思わせるホップの香りです。
 飲むと、口当たりはマイルドで、意外にまったりな印象。ホップのフレーバーをしっかり感じつつ、強い苦味を感じます。
 まったりとした飲み口ながらも、結構苦いです。穏やかだけど、IPAらしさが感じられるビールですね。後口には、苦味の余韻が残り、じわじわと苦味が後を引きます。
 アルコール分は、6.2%と少し高めで、飲み応えも十分。まったりとした飲み口だけど、香りはフルーツ系でそれなりに爽やかさもありますね。いい感じ。


「GYPSY INC HIDDEN GEM... INDIA PALE ALE」
◯原材料:麦芽、ホップ、デキストロース
◯アルコール分:6.2%
◯IBU:77
◯内容量:330ml
◯原産国:ベルギー
◯輸入者:株式会社ウィスク・イー
http://www.whisk-e.co.jp
◯製造者:De Proef Brouwerij(ベルギー)
(http://www.proefbrouwerij.com/)
◯企画者:Gypsy Inc(デンマーク)
(http://gypsyinc.dk/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ベルギー・Huyghe醸造所の「Abdij AVERBODE」

 この日、飲んだのは、ベルギー・Huyghe醸造所の「Abdij AVERBODE」。元々は、1134年に創立されたAVERBODE修道院で作られていたビールということのようですが、長らく製造されていなかったところ、デリリウムなどで知られるHuyghe醸造所の手によって復活したということらしいです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、坂道AKB「国境のない時代」。

 グラスに注ぐと、色は、結構濁りのある、暗めの黄土色っぽい色。アロマは、酵母感もありつつ、独特のスパイシーな、でもフルーティで清涼な印象の香りを感じます。
 飲むと、炭酸刺激が細やかで、口当たりは意外にシャープな印象。酵母感のあるフレーバーとともに、7.5%という、やや高めのアルコール感、そして、爽やかで、スパイシーさもあるフレーバーを感じます。
 甘味は、それほど強くはなく、苦味は無いわけでありませんが、特段強いというわけでもないように感じます。
 アルコール分はやや高めだし、個性を持った香りもあるので、これはこれで、飲みやすいし、美味しいのかなと思います。
 でも、アルコール分は7.5%なので、グイグイと飲み過ぎには注意ですけどね。

「Abdij AVERBODE」
◯原材料:麦芽、オート麦、小麦、ホップ、酵母
◯アルコール分:7.5%
◯内容量:330ml
◯原産国:ベルギー
◯輸入者:株式会社 廣島
http://www.worldbeer.co.jp/
◯製造者:Brouwerij Huyghe
(https://www.averbodebeer.be/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ベルギー・Het Ankerの「MANEBLUSSER」

 この日飲んだのは、ベルギー・Het Ankerの「MANEBLUSSER」。“MANEBLUSSER”とは、17世紀のメッヘレンの人々のニックネームで、「月を消す者」とかいう意味なんだそうです。由来をよく知らないのですが…。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「月の大きさ」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのあるカーキブラウン。 アロマは小麦感のある、オレンジピール的な香りと、わずかにスパイシーな感もある、爽やかな印象のある香りかな。
 飲むと、 ボディは、ライトに近いミドルレベルぐらい。口当たりはマイルドで、酵母感もありつつ、小麦感、そしてオレンジピールやコリアンダーといったスパイシーなフレーバーを感じます。モルト感もありつつ、飲み口はスッキリとしていて、のど越しから感じる苦味が、フィニッシュの印象になっていますね。
 後口に感じる余韻は苦味がメインですが、スパイシーさも、わずかにあるように思います。アルコール分は5.8%と気持ちやや高いくらいですが、小麦要素やオレンジピールなどの香りもあって、爽やかな印象ですね。
 なんというか、まあ普通に美味しいかなと思います。

「MANEBLUSSER」
○原材料:麦芽、ホップ、小麦麦芽、コリアンダー、オレンジピール、糖類、酵母
○アルコール分:5.8%
○内容量:330ml
○原産国:ベルギー
○輸入者:小西酒造株式会社
http://www.konishi.be
○製造者:Brouwerij Het Anker
http://www.hetanker.be

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ベルギー・Brouwerij Wolfの「WOLF BLACK」

 この日飲んだのは、ベルギー・Brouwerij Wolfの「WOLF BLACK」。真っ黒い缶で、狼のシルエットがカッコいいなと思ってたら、wolfってのは醸造所の名前らしいです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46 「狼に口笛を」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。缶が真っ黒なので、つい濃色ビールをイメージしてましたが、缶の表示とかをよく見ると、スタイルはブロンドのようです(笑)

アロマは清涼な、 わずかにフルーティーなようにも感じる、ホップらしき香りかな。
 飲むと、ボディはライトで、モルトの甘味を少しだけ感じつつ、ライトでシリアルっぽいホップの香りを少し感じます。 苦味はちょこっと聞いているのですが苦味だけがガツンとくるわけではなくトータルでは、バランスが取れているのかもしれません。アロマでフルーティー?と感じたのは、気のせいだったのかな? 飲んでると、ホップのフレーバーは、基本、シリアルっぽい気がします。
 後口には、苦味の 余韻が ほんの少しと、 わずかに糖質っぽい独特のフレーバーもあるような気がします。
 まぁ、それなりにさっぱりと飲みやすいビールかなと思います。

「WOLF BLACK」
○原材料:大麦麦芽、ホップ(及びホップ抽出物)、糖類
○アルコール分:5.5%
○内容量:330ml
○原産国:ベルギー
○輸入者:ユーラシア・トレーディング株式会社
http://www.eurasiatrading.co.jp/
○製造者:Brouwerij Wolf
(http://www.brouwerijwolf.be)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.