FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
ベルギーの「LION 5 BLONDE Wildly Organic」

 この日、飲んだのは、ベルギーの「LION 5 BLONDE Wildly Organic」。 以前飲んだ同じブルワリーのビールと同様 ボトルはどうやらアルミボトルを黒く塗装した物のようです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BAND-MAID「Dice」。

 グラスに注ぐと、色は少し濁りのある、ややオレンジ色がかった褐色。アロマは、少し甘味を予感させるモルティな香りと、いかにもベルジャンブロンド的な香りを感じます。
 飲むと、口当たりはややまったりとしていて、ボディはしっかりめのライト。モルトの甘味をそこそこの強さで感じ、同時に、 ベルジャンブロンドっぽいフレーバーをしっかりと感じます。苦味は弱く、後口にも、それほど苦味の余韻は感じられませんが、なんとなくスパイシーな印象が少しだけあります。
 アルコール分は8%と結構高めですが、モルト感はしっかりしているものの、それほど強いといった印象は受けませんでした。そういった意味では、結構、飲みやすいのかもしれません。
 ……これはやはり、ローストチキンですね。皮がパリッと焼きあがったローストチキンを食べながら飲みたい、そんなビールです。とはいえ、個人的にはベルジャンブロンドがそれほど好きというわけではないので、やはり感想の書きぶりにも愛が足りんなぁと思ってしまいます(笑)

「LION 5 BLONDE Wildly Organic」
◯原材料:麦芽(大麦、小麦)、ホップ
◯アルコール分:8.0%
◯内容量:330ml
◯原産国:ベルギー
◯輸入者:アクサス株式会社
◯製造者:Brasserie Lion
(http://www.brasserielion.com)

スポンサーサイト



テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ベルギー・DUVEL MOORTGATの「VEDETT EXTRA SESSION IPA」

 この日、飲んだのは、ベルギー・DUVEL MOORTGATの「VEDETT EXTRA SESSION IPA」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、THE AGONIST「Panophobia」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは、とても軽やか! 軽快で、少し柑橘っぽいようなホップの香りを感じます。
 飲むと、炭酸刺激が細やかで、ボディはライト。モルト感はかなり軽いです。アルコール分は2.7%なので、ボディのライトさは当然でしょう(笑)
 ホップのフレーバーも結構軽やか、かつ意外に控えめな印象。苦味はそこそこの存在感で感じられますが、モルト感があまり強くないので、相対的な印象のせいもあるかもしれません。
  そして、とにかく軽い。2.7パーセントのビールはなかなかないです。ここまで来ると、モルト感とかへったくれもなくて、とにかくひたすら軽い。問答無用でゴクゴクいけるヤツですね。超飲みやすいです。

「VEDETT EXTRA SESSION IPA」
◯原材料:麦芽、ホップ、オーツ麦、ビタミンC/甘味料(マルトデキストリン)
◯アルコール分:2.7%
◯内容量:330ml
◯原産国:ベルギー
◯輸入者:小西酒造株式会社
http://www.konishi.be
◯製造者:BROUWERIJ DUVEL MOORTGAT
(http://www.duvelmoortgat.be/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

スウェーデン・Omnipolloの「Mazarin」(ベルギーのProef Brouwerij製造)

 この日、飲んだのは、スウェーデン・Omnipolloの「Mazarin」……といいつつ、製造はベルギーのProef Brouwerijで行われているので、表示的に正しいのは“ベルギー産”でしょうね(輸入経路がどうなってるのかは不明ですが)。Omnipolloは、Mikkellerなどと同じく、他のブルワリーの醸造所でビール作りをしてる“contract brewery”の一つです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Yngwie Malmsteen「Black Star」。

 グラスに注ぐと、色は濁りのある、カスタードクリームのような色。まるでミルクセーキのような色です。アロマは、とても控えめですが、ややシトラス感があるホップの香りを感じます。
 飲むと、飲み口はマイルドで、ボディは 思ったより軽く、しっかりめのライトくらい。コクがないわけではありませんが、フィニッシュは意外にドライです。軽い苦味が感じられ、フィニッシュを引き締めてる感じです。
 表示を見る限りでは“Pale Ale”と書いてありますが、一般的なペールエールとは全く違う色合いですね。アルコール分は5.6%で、軽くはありませんが、それほど強いという印象も感じられません。
 色も見ながら何も考えずに飲んでると、一体どんなスタイルのビール飲んでるのかよく分からなくなりますが、基本、ペールエール的な味わいですね。Omnipolloの個性が発揮されてる感じです。
 感想は難しいのですが、 ペールエール的な味わいではあります。変にスタイルを意識して飲まなければ(?)、まあ、こういうのもありなのかな、と思います。

「Mazarin」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5.6%
◯内容量:330ml
◯原産国:ベルギー
◯輸入者:株式会社AQベボリューション
http://www.aqbevolution.com/
◯製造者:Omnipollo(スウェーデン)
(https://omnipollo.com/)
◯製造所(醸造場所):De Proef Brouwerij(ベルギー)
(http://www.proefbrouwerij.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ベルギーの「LION 5 Blanche Wildly Organic」

 この日、飲んだのは、ベルギーの「LION 5 Blanche Wildly Organic」。“白塗りボトル”なので、よくある“ガラス瓶を塗装orコーティング”したタイプかと思いきや、この軽さはおそらくアルミボトルのようです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、FROZEN CROWN「Neverending」。

 グラスに注ぐと、色はかなり濁りのある、白っぽいレモンイエローといった感じの色。アロマは、少し酸味を感じさせるような、小麦系と言うか、オレンジピール的な香りを感じます。その中に、さらに不思議なフルーツ感のようなものがあるのは、原材料として記載されている、ジュニパーベリーによるものなのかもしれません。
 飲むと、炭酸刺激は細やかで、ボディはライト。小麦感を感じる味わいで、やはりオレンジピールなどの少しスパイシーなフレーバーを感じます。
 甘味はそれほど感じられず、どちらかと言うと、酸味に近いような印象です。小麦系ビールの常として、苦味はそれほど感じられません。
 アルコール分は5%と、まあ普通なので、楽に飲めるビールではあります。爽快感もあるかな。夏場にグイグイ行く感じのビールの様にも思います。
……意外にホワイトビール飲まないから、我ながら愛が足らないな(笑)

「LION 5 Blanche Wildly Organic」
◯原材料:麦芽(小麦、大麦)、ホップ、オレンジ果皮、ジュニパーベリー
◯アルコール分:5.0%
◯内容量:330ml
◯原産国:ベルギー
◯輸入者:アクセス株式会社
◯製造者:Brasserie Lion
(http://www.brasserielion.com)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ベルギー・Brouwerij Van Den Bosscheの「LAMORAL Graaf Van Egmont」

 この日、飲んだのは、ベルギー・Brouwerij Van Den Bosscheの「LAMORAL Graaf Van Egmont」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Armored Saint「Reign Of Fire」。

 グラスに注ぐと、少し爽やかでスパイシーな香りを感じつつ、エスエルや酵母っぽい香りも感じます。
 飲むと、口当たりは ややまったりとしていて、ボディはしっかりめのミディアムレベル。モルトの甘味、コクがしっかりしていつつ、独特のスパイシーさ、少しの苦味を感じます。8%という高めのアルコール分による飲み応えと、副原料としての糖質感もあります。
 モルト感は(ピルスナーなどに比べると)しっかりしてますが、甘味はそれほど強いわけではなく、8%の割にはそれなりのドリンカビリティーです。このテのビールには……個人的には、やっぱローストチキンですね。香ばしいローストチキン食べながら飲みたいです。

「LAMORAL Graaf Van Egmont」
◯原材料:大麦麦芽、ホップ、酵母、糖類
◯アルコール分:8%
◯内容量:330ml
◯原産国:ベルギー
◯輸入者:株式会社木屋
http://www.belgianbeer.co.jp
◯製造者:Brouwerij Van Den Bossche
(https://www.paterlieven.be/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.