Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
ドイツ・Oettinger Brauereiの「OETTINGER Radler」

 この日飲んだのは、ドイツ・Oettinger Brauereiの「OETTINGER Radler」。ラドラー(ビールをレモネードで割ったもの)なので、正しくはビールではありませんが、これもまあ気分です。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46 「2度目のキスから」。

 グラスに注ぐと、色は、透明なゴールド。当然ながら、色は薄いです。アロマは、かすかながら、ホップのような、レモネードのような香りが感じられます。
 飲むと、炭酸刺激が細やかで爽快な飲み口。ビール感はそれほど無く、レモネード感の方が強いかな。苦味はほんの少しだけ残っていますが、基本、レモネードで薄まってます。レモネードの方も薄まってるので、甘さ控えめ。
 まあ、もとよりビールという範疇ではないので、特段、期待もしていませんが、まあ、普通に甘さ控えめであっさりしたレモネードといった感じですかね。

「OETTINGER Radler」
○原材料:麦芽、ホップ、糖類、炭酸ガス、酸味料、香料
○アルコール分:2.5%
○内容量:500ml
○原産国:ドイツ
○輸入者:コルドンヴェール株式会社
○製造者:Oettinger Brauerei GmbH
http://www.oettinger-bier.de

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ドイツ・5,0 Internationalの「5,0 ORIGINAL(WEISS BEER)」
2016,02,18_blog
 この日飲んだのは、ドイツ・5,0 Internationalの「5,0 ORIGINAL(WEISS BEER)」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BLIND GURDIAN 「The Bard's Song」。

 グラスに注ぐと、色はしっかり白濁した、くすんだカスタードクリームといった感じのカーキブラウン。アロマは、ヴァイツェンらしさのあるクローブを思わせる香り。
 飲むと、クローブフレーバーと、わずかな酸味を感じます。モルトのコクもしっかり感じますが、さっぱりとヴァイツェン感が楽しめます。
 まあ、ほどほどに飲みやすくていいかも。こってりヴァイツェンが好きな人には、もうちょい飲み応えが欲しいって人がいるかもしれませんが、これはこれで楽に飲めてええかもですね。

「5,0 ORIGINAL(WEISS BEER)」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:4.9
○内容量:500ml
○原産国:ドイツ
○輸入者:コルドンヴェール株式会社
○製造者:5,0 International GmbH,
http://www.5-0international.de

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ドイツ・CREW Republicの「91X SoCAL IPA」
2015,12,29_blog1
 この日、仕事帰りに寄り道して飲んだのは、ドイツ・CREW Republicの「91X SoCAL IPA」。アメリカのCORONADO BREWINGとのコラボで出来上がったビールです。

 グラスに注ぐと、色は、概ね透明な褐色。多少霞みがあるかな。アロマは、軽やかで爽やかな、柑橘っぽいホップの香りをふわっと感じます。
 飲むと、炭酸刺激は派手ではないけどしっかりとしてて、ホップのフレーバーが鼻へと抜けていきます。フレーバーはしっかりしてるのですが、ガツンではなく、いい感じでさらっとした印象かな。モルトの甘味、コクを感じつつ、のど越しにかけては、穏やかだけど、それなりにしっかりとした苦味を感じます。
 後口には、苦味の余韻をほどよく感じつつ、じわじわと7%のアルコール分による飲み応えを感じます。穏やかでいい感じのIPAですな。

「91X SoCAL IPA」
○原材料:麦芽、ホップ(Tradition、Chinook、Simcoe、Citra、Centennial)
○アルコール分:6.7%
○IBU:65
○内容量:330ml
○原産国:ドイツ
○輸入者:株式会社KOBATSUトレーディング
○製造者:CREW Republic
http://www.crewrepublic.de/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ドイツ・ERDINGERの「Oktoberfest」
2015,10,04_blog
 この日の夜に飲んだのは、ドイツ・ERDINGERの「Oktoberfest」。既にオクフェスシーズンは終わってますが、余韻(?)ということで、オクフェスビールです。

 グラスに注ぐと、色は、少し霞みのあるゴールド。アロマは、やや甘味を予感させるような、わずかにハーブ感のあるような香り?(たぶん気のせいっぽい)。
 飲むと、ホップのフレーバーも感じはしますが、モルトのコクと味わい、そして小麦感がメインに感じられますね。5.7%とやや高めのアルコール分と、モルト感の充実感により、いい感じに飲み応えがあります。
 さすがエルディンガー、さすがオクフェスと言ったところですかな。美味いす。
 今年のオクトーバーフェストは終わりですが、来年もオクフェスで楽しく飲みたいですね。

「ERDINGER Oktoberfest」
○原材料:小麦麦芽、大麦麦芽、ホップ
○アルコール分:5.7%
○内容量:500ml
○原産国:ドイツ
○輸入者:大榮産業株式会社
http://www.daiei-sangyo.co.jp/
○製造者:Erdinger Weissbräu
http://www.erdinger.de

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ドイツ・5,0 Internationalの「5,0 ORIGINAL(5,0 PILS BEER!)」
2015,10,02_blog
 この日の夜に飲んだのは、ドイツ・5,0 Internationalの「5,0 ORIGINAL(5,0 PILS BEER!)」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、ACCEPT 「Teutonic Terror」。

 グラスに注ぐと、色は、透明なゴールド。泡は立ちんだけど、とても粗く、サーっと消えていく、まるで炭酸飲料などを思わせる泡立ちです。アロマは、ややシリアルっぽいホップな香りかな。
 飲むと、炭酸刺激はそこそこ強め。やや控えめな気もするけど、ホップのシリアルっぽい印象のフレーバーを感じます。モルトらしき味もあるにはありますが、なんだか基本的に軽いというか、薄いというか…。泡立ちの雰囲気もそうでしたが、飲んだ瞬間、サイダーというか、「子供のビール」のような、軽さを感じました(子供のビールほど甘くない分、こちらの方が軽い)。なんだろう。ものスゴい薄い感じが…。色はまあそれなりの色かと。

 のど越しから後口にかけて、軽く苦味を感じ、後口には、苦味がじわじわと残る感じかな。アルコール分は4.7%とやや軽めとはいえ、“普通”の範疇ですが、なんというか不思議に飲み応えがないというか、充実感が乏しいというか、不思議な感覚。日本の大手の“シャバシャバ”ビールとはまた違う、なんというかサイダーのような軽さ。うーん…なんなんだろうか…。

「5,0 ORIGINAL(5,0 PILS BEER!)」
○原材料:麦芽、ホップ(抽出物)
○アルコール分:4,7%
○内容量:500ml
○原産国:ドイツ
○輸入者:コルドンヴェール株式会社
○製造者:5,0 International GmbH,
http://www.5-0international.de

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.