FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
ドイツの「Warsteiner Premium Beer」

 この日、飲んだのは、ドイツの「Warsteiner Premium Beer」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Faun「Tinta」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは、ふんわりとした、少し穀物っぽいような、上品なホップの香りを感じます。
 飲むと、飲み口はマイルドで、ボディはライト。スルッと入ってきて、ゴクゴク飲めてしまうし、飲みたくなってしまう(笑)。でも、シャバシャバな感じは全くなく、絶妙なドリンカビリティです。
 上品なホップのフレーバーと、軽いモルト感が絶妙にバランスがとれたホップの苦味、これぞジャーマンピルスナーですね。久しぶりに飲みましたが、いつ飲んでも変わらず美味いなぁ。

「Warsteiner」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:4.8%
◯内容量:330ml
◯原産国:ドイツ
◯輸入者:小西酒造株式会社
http://www.konishi.be
◯製造者:Warsteiner Brauerei
(http://www.warsteiner.com)

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ドイツ・Tucher TraditionsBrauereiの「Helles Hefe Weizen」

 この日は、仕事などで広島に出張・帰省してたのですが、夜は、広島市に住んでいたときに時折利用してたお店に、松江市に転居して以来、久しぶりに訪問してみました。久しぶりに訪問すると、定番だった樽ビールが無くなってたり、いろいろ変化を感じることもありましたが、メニューに、飲んだことがないドイツのヴァイツェンがあったので、飲んでみました。ということで、飲んだのは、ドイツ・Tucher TraditionsBrauereiの「Helles Hefe Weizen」。

 グラスに注がれると、色はしっかりと白濁した、気持ち、やや暗めなヴァイツェンらしい色。アロマは、しっかりバナナ香と、それに合わさったクローブ香も感じられます。
 飲むと、飲み口はマイルドで、ボディはライト。アロマのバナナっぽさとは対照的に、クローブ感が強いフレーバーを感じます。ややまったりな飲み口で、当然ながら苦味はそれほど感じられません。
 なんというか、まあ、正しいヴァイツェンですね。
 クラシカルなドイツビールに多い500ml瓶なので量が多く、お腹いっぱいになってしまいがちなのがアレですが、普通に美味しいヴァイツェンだと思います。

「Tucher Helles Hefe Weizen」
◯原材料:麦芽(小麦、大麦)、ホップ
◯アルコール分:5.2%
◯内容量:500ml
◯原産国:ドイツ
◯輸入者:大榮産業株式会社
http://www.daiei-sangyo.co.jp/
◯製造者:Tucher Traditionsbrauerei GmbH & Co.
(http://www.tucher.de/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ドイツ・Hofbräuの「Oktoberfestbier」

 この日、飲んだのは、ドイツ・Hofbräuの「Oktoberfestbier」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、「EQUILIBRIUM Wirtshaus Gaudi」。久しぶりに聴いた(笑)

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。立ち上る細やかな泡が、飲む前から心地よさを感じさせてくれます。アロマは、穏やかな、穀物感のあるシリアルっぽいホップの香りです。この穏やかな香りが、またたまらんです。
 飲むと、口当たりは穏やか。ホップの優しいフレーバーをふんわりと感じ、これまたふんわりとしたモルトの味わいを楽しみつつ、ほどほどの苦味を感じます。
 ビールらしいビールといった感じ。6.3%という、少し高めのアルコール分ですが、きつい感じはたいしてなく、「ビールって美味しいんだ」と、強く印象付けてくれる美味しさです。樽が一番ではありますが、瓶もいつ飲んでも美味いなあ(幸せ顔)

「Oktoberfestbier」
◯原材料:大麦麦芽、ホップ
◯アルコール分:6.3%
◯内容量:500ml
◯原産国:ドイツ
◯輸入者:株式会社アイエムエーエンタープライズ
(http://www.eyema-ent.co.jp/)
◯製造者:Hofbräuhaus am Platzl
(http://www.hofbraeuhaus.de/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ドイツ・IRLBACHERの「Gauboden Volksfestbier」

 この日、飲んだのは、ドイツ・IRLBACHERの「Gauboden Volksfestbier」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。細やかな炭酸の泡が綺麗です。アロマは、ふんわりと香る、麦わらのような、穀物感もあるホップのいい香り。とても穏やかで、いい香りです。
 飲むと、口当たりは優しく、ボディーはライト。穏やかなモルトの味わいを感じつつ、同時に、ホップの結構しっかりとした 苦味を感じます。IPAなどに比べると、全く次元は違いますが、この類のスタイルのビールとしては、結構存在感がある方の苦味かな。モルトの下支えもありつつ、そこに感じられる苦味は、全体の調和の範囲内で、ドイツビールの美味しさを感じさせてくれます。
 このビール自体は、他社のフェストビールに比べると、多少洗練されてない感もないではないんですが、これはこれで素朴なビールの美味さを感じさせてくれますね。あぁソーセージ食べたい。

「Gauboden Volksfestbier」
◯原材料:大麦、麦芽、ホップ
◯アルコール分:%
◯内容量:500ml
◯原産国:ドイツ
◯輸入者:大榮産業株式会社
http://www.daiei-sangyo.co.jp/
◯製造者:IRLBACHER
(http://www.irlbacher.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ドイツ・Uerige Obergarigeの「Jron Grunhopfen-Sticke」

 この日、飲んだのは、ドイツ・Uerige Obergarigeの「Jron Grunhopfen-Sticke」。ややこしい名前ですが、「Grun」は、「green」に相当するので、“green hop(fresh hop的な?)”みたいな意味の名前のようです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Helloween「Kids Of The Century」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、暗い焦げ茶色。アロマは、香ばしい濃色モルトの香りです。モルトの甘味を予感させる香りですが、それだけではなく、同時に、かなりしっかりと爽やかな、シトラス系というか、熟した果実のようなホップの香りを感じます。そして、さらに6.2%の高いアルコール分によるアルコール感を、アロマの段階で、結構感じますね。
 飲むと、口当たりはマイルドでまったりですが、意外にボディはライトです。これまた意外にモルトの香ばしさはそれほど強い印象ではなく、ホップの印象の方がやや強いのかな。甘味はまあそこそこで、結構しっかりと苦味があります。
 後口には、しっかりとした苦味と、モルトの甘味の両方の余韻が残ります。個人的には、苦味の印象の方が強いかな。アルコール分が6.2%と高めですが、アルコール分以上にアルコール感を感じるような気がします。ボディは軽いのに、妙に飲み応えがあるような気がします。
 製造者によるラベルをよく見ると、原材料は、「水、大麦麦芽、小麦麦芽、カラメルモルト、ローストモルト、ホップ、酵母」と書いてあります。フレーバーの中には、小麦麦芽由来の要素もあるような気もします。
 一般的なアルトとは、かなり印象が違いますが、ハイアルコールビール好きな人とか、好きかもしれませんね。それでいて、飲み応えの割には、 ほどほど飲みやすくもあるので、面白いです。

「Jron Grunhopfen-Sticke」
◯原材料:麦芽、ホップ(水、大麦麦芽、小麦麦芽、カラメルモルト、ローストモルト、ホップ、酵母)
◯アルコール分:6.2%
◯内容量:330ml
◯原産国:ドイツ
◯製造者:Uerige Obergärige Hausbrauerei
(http://www.uerige.de/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.