FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
アメリカ・REVISION BREWINGの「Lord Lupulin」

 この日、飲んだのは、アメリカ・REVISION BREWINGの「Lord Lupulin」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、FAUN「Federkleid」。

 グラスに注ぐと、色は白く濁った、文字通りカスタードクリームを思わせるような 色です。アロマは、とてもフレッシュ、そして鮮烈。まさにそういった表現がふさわしいシトラス系な、レモンライムやグレープフルーツを思わせる、グリーンでフレッシュなホップのしっかりとした香りを感じます。素晴らしい香りです。
 飲むと、飲み口はスムースで、炭酸刺激は細やか。そしてボディは…… 何とも不思議な感じですが、多分、しっかり目のライト ぐらいなんだと思います。何より不思議な舌触りと言うか、口触り。液中に、何というか不思議な粒子感を感じる気がします。何だろう……。甘味もないわけではありませんが、ホップのしっかりとした苦味の印象が強いです。
 後口にも結構苦味の余韻が残り、複雑な味わいになります。しかし、見るとIBU(ホップ成分由来苦味数値)は32。決して低いわけではありませんが、日本の国産大手のビールと比べても、特段高いIBUではないと思います。
 アルコールは6.5%とやや高めなので、飲み応えもあり、その分、モルトが多く使用されているので、モルト感もあるはずなのですが、それほどでもなく、なんとも不思議な感じです。不思議だなあ。
 商品名の“Lupulin”とは、ホップに含まれる、ビールの苦味の元になる成分のことなので、かなりホップにこだわったビールなんだと思います(その割にIBUは高くないけど)。何と言うか、ホップのチョイスも含めて“これぞアメリカン”といった雰囲気のIPAに感じますね。面白いなあ。

「Lord Lupulin」
◯原材料:麦芽、ホップ(Galaxy、Vic Secret、El Dorado、Citra)
◯アルコール分:6.5%
◯IBU:32
◯内容量:1Pint=16FL.OZ.(473ml)
◯原産国:アメリカ
◯輸入者:株式会社ナガノトレーディング
http://naganotrading.com/
◯製造者:REVISION BREWING COMPANY
(http://www.revisionbrewing.com)

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

北海道麦酒醸造(株)の「オタルダーク」

 この日、飲んだのは、北海道・北海道麦酒醸造(株)の「オタルダーク」。北海道麦酒醸造のビールを飲むのは、かなり久しぶりかも。松江市内のスーパーマーケットで見つけて、思わず所望してしまいました。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「日常」。

 グラスに注ぐと、色は結構暗めの焦げ茶。アロマは、モルトの香ばしさで、甘さを予感させる香りです。
 飲むと、口当たりはまったりとしていて、ボディはしっかりめのライト。モルトの香ばしいフレーバーと共に、モルトの甘味、コクを感じます。
 ホップのフレーバーもわずかに感じられ、後口には、ほんの少しだけ苦味が感じられますが、基本的にモルト感の印象が支配的です。まったり、ゆっくりと飲めるビールです。
 久しぶりに飲みましたが、重厚というほどは重くなく、気持ちよく飲めるビールです。

「オタルダーク」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:北海道麦酒醸造株式会社(北海道)
http://www.hokkaidobeer.com/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

島根県・(株)石見麦酒の「オロチセゾン」

 この日は、休日で天気も良かったので、松江市内を散策。夕方前の時間帯でしたが、前から気になってた立ち飲みのお店(酒屋さんに併設)に入ってみました。
 寒かったので、最初に日本熱燗を飲んだ後、ビールも頂きました。ちなみにこちらのお店、基本は日本酒ですが、ほかにも焼酎やワイン、ビールもあり、クラフトビールでは、島根県西部(江津市)の(株)石見麦酒と、なぜか のベアードブルーイングのボトルが置いてあります。
(※石見麦酒については、こちらの酒屋さんの本店が島根県西部にあるからというご縁で置いてあるそうです)

 ということで飲んだのは、島根県・(株)石見麦酒の「オロチセゾン」。副原材料として、雲南市特産の特大サイズのトウガラシ“オロチの爪”と、同じく雲南市産の米が使われてるようです。雲南市内にある焼き肉ホルモンのお店「笑ら炎」とのコラボ商品らしいです。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは、わずかに小麦?っぽさもありつつ、明らかに何か違うスパイシーな香りが……。
 飲むと、炭酸刺激はしっかり強めで、ボディはライト。モルト感は軽く、アロマで感じたように思った小麦はもしかしたら勘違いかなというスパイシーさ。いや、少し小麦っぽさもあるか。で、やはりきます。トウガラシのピリピリ感とした辛さ(笑)
 アルコール分は6%ですが、モルト感が軽いので、結構、辛さがしっかりきます。
辛い中にも、後口に少しふんわりと、小麦っぽい後味を感じます。
 辛さは、飲んでいくごとにさらに強くなります。以前飲んだ、アメリカ・BALAST POINTの「」 に比べたらかわいいもんですが、これはこれでなかなか辛い。だんだんと口の回りが ピリピリしてきました(笑)
 焼き肉ホルモンのお店とのコラボ商品なので、何かしらのテーマがあってトウガラシが使われてるんだと思いますが、個人的には、焼き肉食べながら辛いビールはツラいかな(笑) 肉の下ごしらえで、漬け材とかにしたら、肉も割には分ける柔らかくなるし、少しピリ辛な風味も着くし面白いかもですね。

「オロチセゾン」
◯原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、米(雲南市産)、ホップ、唐辛子(雲南市産)
○麦芽使用率:50%以上
◯アルコール分:6.0%
◯内容量:330ml
○販売者:有限会社イタモト
(http://itamoto.co.jp/)
◯製造者:株式会社石見麦酒(島根県)
(http://www.iwami-bakushu.com/)

【お店情報】タチキュウ
〇所在地:島根県松江市末次本町91
〇営業時間:12:00~19:00
〇定休日:火曜日

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

サッポロ「ヱビス 薫るルージュ」

 この日、飲んだのは、サッポロ「ヱビス 薫るルージュ」。昨年11月20日に、数量限定ということで発売になった商品で、カラメルホップを一部使用し(比率不明)、Mosaicホップを使用(比率不明)したビールだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46・新内眞衣 個人PV「断捨離娘」。

 グラスに注ぐと、色は透明な、わずかに赤みがかった褐色。紅茶のような綺麗な色です。アロマは、少し硬い印象の上品なホップの香りで、わずかに香ばしさもあります。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディほライト。印象としては、軽い香ばしさが支配的で、ホップの印象は控えめ。
 商品名の“香るルージュ”というのは、この香ばしさと液色のことなんでしょうね。
 アルコール分は6%とやや高めで、飲み応えもそこそこ。ヱビスビールの、“落ち着いたバージョン”といった雰囲気です。モルト感とアルコール分が相まって、このまったりとした飲み口と香ばしさに通じているのかなと思います。
 自宅で、難しいこと考えず、普段飲みの延長でまったり飲めるビールですね。

「ヱビス 薫るルージュ」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:6%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー52kcal, たんぱく質0.6g, 脂質0g,炭水化物4.1g, 糖質4g, 食物繊維0-0.2g, 食塩相当量0mg
◯内容量:500ml
◯製造者:サッポロビール株式会社
http://www.sapporobeer.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

イギリス(イングランド)・REDCHURCH BREWERYの「BETHNAL PALE ALE」

 この日、飲んだのは、イギリス(イングランド)・REDCHURCH BREWERYの「BETHNAL PALE ALE」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、FROZEN CROWN「Everwinter」。

 グラスに注ぐと、色は、少し濁りのある 黄土色っぽい褐色。アロマは、清涼で軽やかな、シトラス系のホップの香りです。
 飲むと、飲み口は軽く、ボディはライト。モルトのコクはありますが、モルト感は軽いです。苦味も、それほど強くはないような気がします。

 飲んでいると、苦味が積み重なって、少しずつ苦味の印象が強くなってきますが、 モルトの印象もだんだん強くなってくるので、バランスは良いですね。
 ペールエールとしては、苦味はそれほど強い方ではないのですが、独特なこの印象の違いがラガーとの違いですね。でも、飲みやすいビールです。
 アルコール分は5.5%だし、スイスイ飲めちゃう感じ。何か食べながら飲んでも、食べ物の味を邪魔することもなく、自然に入ってくる感じのビールだと思います。
 旧知の知り合いと楽しい時間を過ごしながら、楽な気持ちで飲みたい、そんなビールですね。

「BETHNAL PALE ALE」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5.5%
◯内容量:330ml
◯原産国:イギリス(イングランド)
◯輸入者:株式会社ウィスク・イー
(https://whisk-e.co.jp)
◯製造者:REDCHURCH BREWERY
(http://www.redchurch.beer)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.