FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
サッポロの限定醸造「北海道 奇跡の麦 きたのほし」

 この日、飲んだのは、サッポロの限定醸造「北海道 奇跡の麦 きたのほし」。2016年に品種登録された、新しい大麦品種「きたのほし」から作った麦芽を50%以上使用して作ったビールだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、-真天地開闢集団-ジグザグ「Promise」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは、ふんわりとした穏やかなシリアルっぽいホップの香りを感じます。飲むと、飲み口はスムースで、ボディはライト。モルト感は軽くあっさりとしていて、優しいホップフレーバーを感じます。あっさりとして、グイグイ飲めてしまう感じかな。
 苦味はそこそこ効いているくらいで、特段強いわけではないんですが、後口には、じわじわと苦味の余韻を感じます。
 あっさりとしていますが(スッキリとは違いますが)、フレーバー的にもビールらしさがありますね。飲みやすいです。

「北海道 奇跡の麦 きたのほし」(限定醸造)
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー41kcal, たんぱく質0.5g, 脂質0g, 炭水化物2.9g, 糖質2.8g, 食物繊維0-0.2g, 食塩相当量0mg
◯内容量:350ml
◯製造者:サッポロビール株式会社
http://www.sapporobeer.jp/

スポンサーサイト



テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

鳥取県・大山Gビール(久米桜麦酒(株))の「愛魔麦笑 AMABIE DRY HOPPED SOUR WEISS」

 この日、飲んだのは、鳥取県・大山Gビール(久米桜麦酒(株))の「愛魔麦笑 AMABIE DRY HOPPED SOUR WEISS」。ヴァイツェンの麦汁を高濃度で作り、乳酸菌発酵の後にヴァイツェン酵母で発酵させ、シトラホップでドライホッピングしたビールです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「世界中の隣人よ」。
 グラスに注ぐと、色はかなり濁った、くすんだカスタードクリームのような色、カーキブラウンにも近いような色です。アロマは、注いでいる時から、小麦感とサワー感が合わさったような、独特の香りを感じます。

 飲むと、口に含んだ瞬間から、梨やリンゴを思わせるフレーバー、 そしてシトラス感のあるホップフレーバーを感じ、さらに、はっきりとした酸味、サワー感と、細やかな炭酸刺激を感じます。シトラホップでドライホッピングしてあるようなので、シトラによる清涼感のある柑橘感もしっかり出ていますね。
 酸味はしっかりとしていますが、刺さるような尖り方ではなく、それなりのマイルドさも併せ持っています。
 味わいとしては、もちろん酸味がメインなのですが、甘味があるわけではないけど、酸味を下支えするコクがあり、ちゃんと味わえるビールです。
 サワービールだけど飲みやすいですね。あっさりとはしているのですが、実はアルコール分は7%と高めで、 時間差で効いてくる感じでしょうか。

「愛魔麦笑 AMABIE DRY HOPPED SOUR WEISS」
◯原材料:麦芽(ドイツ産、イギリス産)、ホップ(Citra)
◯アルコール分:7.0%
◯IBU:12
◯内容量:330ml
◯製造者:久米桜麦酒株式会社(鳥取県)
http://g-beer.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

東京都・FarYeast Brewing株式会社の「東京ブロンド」

 この日、飲んだのは、東京都・FarYeast Brewing株式会社の「東京ブロンド」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、日向坂46「青春の馬」。

 グラスに注ぐと、濁りのある、少し暗いレモンイエローのような、カスタードのような色です。アロマは清涼感のある、レモングラスなど思わせるホップの香りがさわやかです。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディはややしっかりめのライト。モルトのコクは軽く、それほど甘味は感じられません。のど越しから後口には、全体の印象を引き締める苦味を軽く感じますが、それほど強いわけではないようです。とはいえ、後口には苦味の余韻が残ります。
 副原料の糖類に由来するのか、飲み口はさっぱりとした印象で、結構ごくごくイケてしまう感じです。
 ホップのフレーバーは軽いけど、爽やかに効いているし、モルト感も軽くて飲みやすく、シーズン的にはこれからの時期に合いそうなビールだと思います。

「東京ブロンド」
◯原材料:大麦麦芽、ホップ、糖類
◯アルコール分:5%
◯内容量:350ml
◯製造者:FarYeast Brewing株式会社(東京都)
(https://faryeast.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

京都府・黄桜の「LUCKY CHICKEN 旨味レッドIPA」

 この日、飲んだのは、京都府・黄桜の「LUCKY CHICKEN 旨味レッドIPA」。
 グラスに注ぐと、色は暗めの焦げ茶色。アロマは、少し派手目な熟した南国の果実のようなホップの香りと、わずかに香ばしいモルトの香りが感じられるようです。
 飲むと、飲み口はマイルドで、ボディは軽めのミディアムレベルくらい。ホップのフレーバーと、香ばしいモルトのフレーバーが合わさった香りですね。
 モルトの甘味やコクは、そこそこしっかりとしていてさらにそこに 被さるようにしっかりとした苦味を感じます
 後口にも苦味の余韻が結構残りますが、モルトの余韻もそこそこある感じ。でも、意外に後口がさらりとしているのは、副原料の米によるものでしょうね。
 缶には「チキンと一緒に楽しみたい時に」と書いてありますが、まあ確かにローストチキンなどには合うかもね。

「LUCKY CHICKEN 旨味レッドIPA」
◯原材料:麦芽、ホップ、米
◯アルコール分:5.5%
◯内容量:350ml
◯製造者:黄桜株式会社(京都府)
http://kizakura.co.jp/ja/index.shtml

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アサヒの「アサヒ ザ・リッチ」 リキュール(発泡性)(1)

 この日、飲んだのは、アサヒの「アサヒ ザ・リッチ」。ビールではなく、「リキュール(発泡性)(1)」、いわゆる第三のビールです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「I see...」。

 グラスに注ぐと、色は透明な褐色。アロマは、少し麦藁のような穀物っぽいようなホップの香りを感じます。
 飲むと口当たりはマイルドで、ボディはライト。モルトの甘味とコクを結構感じ、いくらか軽くはありますが、ホップのフレーバーも感じます。苦味も感じられますが、それほど強いという印象ではないです。
 後口には、苦味の軽い余韻が少し感じられますね。アルコール分は6%とわずかに高め。強いというほどの印象ではないのですが、それなりの飲み応えがあるように感じます。飲んで行くと、わずかに複原料感というか、第三のビール的な要素を感じるの は確かですが、思ったよりは美味しいかな。少なくとも、下手な発泡酒よりはよほど美味しいです。
 「ライバルはプレミアムです」と謳ってますが、実際にプレミアムビールに並ぶとまでは言わないまでも、結構上手く作った飲み物だとは思います。
 ただ、じっくり飲んでいると、さすがにちょっと副原料感が立ってくるような気もするので、グイグイとまでは言わないまでも、そこそこのペースで飲むといいんじゃないでしょうか。

「アサヒ ザ・リッチ」(リキュール(発泡性)(1))
◯原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、米、コーン、スターチ)、スピリッツ(大麦)
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー50kcal, たんぱく質0.3g, 脂質0g, 炭水化物3.5g, 糖質3.5g, 食物繊維0-0.2-g, ナトリウム0-0.03mg
◯アルコール分:6%
◯内容量:350ml
◯製造者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.