Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
ベルギー・Rodenbach醸造所の「RODENBACH(Classic)」

 この日飲んだのは、ベルギー・Rodenbach醸造所の「RODENBACH(Classic)」。いわゆる、ローデンバッハ・クラシック。若いビールに、2年以上熟成させたビールを1/4ほどブレンドして、さらにオーク樽で熟成させたビールです。現在、Rodenbach醸造所は、PALM社の傘下に入っているようなので、製造会社としては、PALM社ということになるんでしょうね。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、陰陽座「紅葉」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、言い方は悪いけど、なんというか赤黒い色。赤みがかった暗い褐色かな。アロマは、酸味と同時に甘味を予感させる香り。ベリー感、グラニュー糖感を思わせる香りです。
 飲むと、口当たりこそ、一瞬マイルドかなと思いますが、すぐに細やかな炭酸刺激と共に、しっかりとした酸味、そしてそれを追いかけてくる甘味。そしてまた感じる酸味。
 モルト感というかグラニュー糖感というか、甘味もしっかりで、それに下支えされた酸味なので、トゲがなく、美味いです。 ベリー的、そして熟したリンゴっぽさもあるフレーバーもいい感じ。甘酸っぱさがまたいいです。
 久しぶりに飲みましたが、美味いのよね。もう一つ久しぶりだったのは、この専用グラス。使ったのはかなり久しぶりでしたが、やはりこのグラスで飲むと格別。美味いすわ。

「「RODENBACH(Classic)」」
○原材料:麦芽、ホップ、コーン、糖類
○アルコール分:5.2%
○内容量:250ml
○原産国:ベルギー
○輸入者:小西酒造株式会社
http://www.konishi.be
○製造者: Brouwerij Rodenbach(PALM)
(http://palm.be/nl/rodenbach)

スポンサーサイト
オーストラリア・HOLGATE Brewhouseの「NORTON LAGER」

 この日飲んだのは、オーストラリア・HOLGATE Brewhouseの「NORTON LAGER」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BAND-MAID 「YOLO」。

 グラスに注ぐと、色は、少し霞みのあるカーキブラウンっぽい明るい褐色。アロマは、軽快で、わずかにレモンピールの香りにも近いような印象のホップの香りを感じます。
 飲むと、口当たりも軽く、ボディもライト。
 飲み口は軽やかで、軽快なホップのフレーバーを感じます。苦味は感じますが、後口にはそれほど余韻が残らない感じで、さっぱりとした印象です。
 アルコール分は低めで、とても飲みやすいです。ある意味、オーストラリアらしいビールとも言えるかもしれません。ライトなビールはいいね。

「NORTON LAGER」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:4.3%
○内容量:330ml
○原産国:オーストラリア
○輸入者:コンタツ株式会社
(http://www.kontatsu.co.jp/)
○製造者:HOLGATE Brewhouse
(http://www.holgatebrewhouse.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

キリンの限定醸造「GRAND KIRIN ひこうき雲と私 CLOUD SAISON」

 この日飲んだのは、キリンの限定醸造「GRAND KIRIN ひこうき雲と私 CLOUD SAISON」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、欅坂46 「W-KEYAKIZAKAの詩」。

 グラスに注ぐと、色は、透明なカーキブラウン。アロマは、小麦使用感を感じさせる、クローブ的な香りです。
 飲むと、口当たりはまったりとしていて、ボディはライト。モルト感もありつつ、小麦ビールっぽいクローブ香もあります。また、クローブ感の向こうに、少しだけ麦藁のような、柑橘のようなホップ感もあるような気が…。苦味は少しありますが、強いというほどではないように思います。
 アルコール分は5%で、ある意味普通。アルコール分が高めのセゾンが多い気がしますが、「セゾン」というものは、元々、農作業の合間に飲むビールなので、アルコール分が高いヤツはどうなの?とか思ってましたが、5%ならなんとか(笑)
 こういうビールの樽なんてないのでしょうが、ちょっと飲んでみたい気もしますね。

「GRAND KIRIN ひこうき雲と私 CLOUD SAISON」(限定醸造)
○原材料:麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ
○アルコール分:5%
○内容量:330ml
○販売者:麒麟麦酒株式会社
http://www.kirin.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

製造・DHCビール(静岡)、販売・Far Yeast Brewing(東京)の「FINAL CUT SESSION ALE」

 この日飲んだのは、静岡県のDHCビールが製造し、東京のFar Yeast Brewingが販売の「FINAL CUT SESSION ALE」。
 Far Yeast Brewingは、クラフトビールを企画し発信している会社で、現在は、他社に製造を委託しているコントラクトブルワリーみたいですが、既に自社工場を建ていて、近いうちに稼働が開始されるそうです。一方のDHCビールは、化粧品や健康食品で知られる、あのDHCの関連会社みたいです。ビール作ってたのか…。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Aldious 「Go away」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、ほんのわずかにカーキ色がかった褐色。アロマは、少し青い印象の、柑橘系なホップの香り。マンゴーっぽい香りでもあるように思います。
 飲むと、炭酸刺激は細やかで、アロマよりはおとなしい印象のホップのフレーバーを感じます。モルトの甘味はそれほどは感じられませんでしたが、モルトの厚みは感じ、そこにほどほどに強い苦味を感じます。後口には、少し青い芝生のようなフレーバーもありますね。
 アルコール分は5.0%と普通くらいで、するっと飲めます。後口には、結構な苦味の余韻が残りますね。苦味がしっかりな分、それなりに存在感があります。苦味の存在感があるので、アルコール分以上に飲んだ感がありますね。
 特に変わった個性があるわけではありませんが、まあ、良い意味で普通に手堅いビールとも言えるかな。

「FINAL CUT SESSION ALE」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5.0%
○内容量:330ml
○販売者:Far Yeast Brewing Company
(http://faryeast.com/)
○製造者:株式会社DHCビール(静岡県)
(https://top.dhc.co.jp/shop/beer/index.html)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アメリカ・SIERRA NEVADA BREWINGの「Beer Camp GOLDEN IPA 2017(SPRING SEASONAL)」

 この日飲んだのは、アメリカ・SIERRA NEVADA BREWINGの「Beer Camp GOLDEN IPA 2017(SPRING SEASONAL)」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、陰陽座「青天の三日月」。

 グラスに注ぐと、色は、概ね透明というか、わずかに霞みのある、イエローゴールドからカーキブラウンといった感じの色。アロマは、軽快で爽やかなシトラス系のホップの香り。軽やかでいい香りです。
 飲むと、炭酸刺激は細やかで、ボディはライト。アロマと同様の軽快なホップのフレーバーを感じつつ、ガツンと苦味を感じます。苦味も軽快な印象ですが、苦味自体は強く、後口にも結構な余韻が残ります。
 ラベルの表記によると、小麦麦芽も使われているようですが、小麦感の印象はあまり無いかな。
 アルコール分は6.5%で、やや高め。モルト感はそれほど強くはなく、アルコール感と苦味の強さが、飲み応えというか、IPAらしい飲み応えになってますね。軽快な飲み口だけど、苦味とアルコール分で、充実感はしっかりです。満足度はあります。
 しかし、春の限定ビールって、強いもんなのかな(笑)

「Beer Camp GOLDEN IPA 2017(SPRING SEASONAL)」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:6.5%
○内容量:12FL.OZ.(355ml)
○原産国:アメリカ
○輸入者:株式会社ナガノトレーディング
http://naganotrading.com/
○製造者:SIERRA NEVADA BREWING CO.
http://www.sierranevada.com/

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.