FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
島根県・(株)三島ファームの「穂波ゴールデン アメリカンペールエール」

 この日、飲んだのは、島根県・(株)三島ファームの「穂波ゴールデン アメリカンペールエール」。三島ファームのビールなので、例によって、島根県浜田市産のサツマイモ(べにはるか)を使ったビールです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、GARNiDELiA「約束-Promise code-」。

 グラスに注ぐと、色は、何だろう……黒い、結構濁りのある、暗い濁った焦げ茶色かな。アロマは独特の、甘いような……イメージとしては、ちょっと芋っぽい、不思議な香りです。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディは少ししっかりめのライト。ややまったりとした、モルト感と言うか、さつまいも感と言うか、不思議な味わいとコクを感じますが、甘味自体はそれほど強いわけではありません。裏面のラベルには、「爽やかな柑橘の香り」と書いてあります。おそらくホップのフレーバーのこと言ってるんだと思いますが、よく分からないかな。ただ、「芋感」はすごくありますね。独特の香りは、とても「サツマイモ」感があります(笑)
 のど越しあたりから後口にかけて優しい苦味を感じ、後口には、じわじわとその余韻が残ります。
 商品名は「アメリカンペールエール」ですが、原材料的にも、実際に飲んだ印象的にも、アメリカンペールエールではないですね。独特の美味しさと言えば美味しさなのかもしれませんが、かなり個性的。というか、このブルワリーは、とにかくサツマイモ推しなんですね。色々なスタイルのビールに、唐突にサツマイモを打ち込んでいる感じがあります。開業したばかりの新しいブルワリーなのに、なんでまた、こんな個性的なビールばかり作るのかな。ベーシックなビールをブラッシュアップしてって欲しいような気もしたりするのですが。また「ビール保守」的な感想なんでしょうねぇ。

「穂波ゴールデン アメリカンペールエール」
◯原材料:麦芽、さつまいも、水飴、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:株式会社三島ファーム(島根県)
(http://mishima-farm.com/)

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アメリカ・STONE BREWINGとアメリカのパンクバンドル「NOFX」のコラボビール「Stone & NOFX Punk in Drublic HOPPY LAGER」
201803072018,11,27_blog
 この日、飲んだのは、アメリカ・STONE BREWINGが、アメリカのパンクバンドル「NOFX」とコラボレーションして作ったビール「Stone & NOFX Punk in Drublic HOPPY LAGER」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、まあ、やはりコラボ情報にちなんでNOFX「Perfect Govenment」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは控えめではありますが、とてもすっきりとして軽やかな、シリアルっぽくもあり、シトラスっぽくもあるホップの香り。何でハッキリ表現しないかというと、香りが控えめで、何か一つの方向性で飛び抜けた印象を受けなかったからですね。すっきりとした良い香りには違いありません。
 飲むと、飲み口はとても軽やかで、ボディーはライト。アロマと同様、フレーバーはやはり控えめ。でも、なんだかホップはしっかり効いてるんだよなぁ。
 あぁー、でもホッピーっていうのは分かる気がします。モルト感は軽めですが、もちろん、日本の国産大手のビールと比べると、コク、味わいはしっかりとしています。苦味は、後口にじんわりと軽く感じるくらいで、大して強くありませんが、モルト感とのバランスが取れている感じ。なんか、ゆっくり飲んでると、これ美味いわ。
 穏やかなホッピーさ、穏やかな甘さ。エールのまったりな美味しさとはまた違いますが、これなかなかのんびりと飲める美味いビールです。

「Stone & NOFX Punk in Drublic HOPPY LAGER」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5.8%
◯内容量:12FL.OZ.(355ml)
◯原産国:アメリカ
◯輸入者:株式会社ナガノトレーディング
http://naganotrading.com/
◯製造者:STONE BREWING CO.
http://www.stonebrewing.com/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

島根県・三島ファーム(穂波)の「穂波ホワイト バイツェンスタイル」

 この日、飲んだのは、島根県・三島ファーム(穂波)の「穂波ホワイト バイツェンスタイル」。 売店スタイルと 書いてあります確かに原材料は大麦麦芽小麦麦芽なのですが これもまた 島根県浜田市産安納芋が使われています。なんでヴァイツェンに安納芋なんだろう。地元の名産なのかもしれませんが、謎です(笑)
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BiS2nd 新生アイドル研究会「アゲンストザペイン」。

 グラスに注ぐと、少し濁りというか、霞みのある、黄土色っぽいゴールドと言うか褐色。アロマは、少しバナナっぽく、多少、クローブっぽくもあるヴァイツェン的な香りです。
 飲むと、口当たりは柔らかく、ややまったりな印象ですが、それでもボディはライト。まったりとした味わいです。
 個人的には、もうちょっとヴァイツェンとしてのしっかり感が欲しかったかな。まあ、飲みやすくはあります。つうか、やっぱりなんで安納芋を使ってるんだろう。すごく謎。
 さつまいもと水飴の副原料感も少し感じますが、なにより、もう少しヴァイツェン感が欲しいかな。しかし、なんでそこまで安納芋を使ってるのか、よく分からないです。

「穂波ホワイト バイツェンスタイル」
◯原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、さつまいも、水飴、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:株式会社三島ファーム(島根県)
(http://mishima-farm.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

サッポロの冬の限定醸造「冬物語」

 この日、飲んだのは、サッポロの冬の限定醸造「冬物語」。“30th since 1988”と書いてあるということは、30年目ということなんでしょうね。冬物語も30年ですか。まあ、毎年恒例の冬のビールとしてお馴染みで、キリンの秋味などと同じく、これがコンビニに並ぶと冬の到来を感じます。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BiS1st新生アイドル研究会「アゲンストザペイン」。

 グラスに注ぐと、色は透明な、褐色に近いゴールド。アロマはやや硬い印象で、シリアルっぽいホップの香りを感じます。
 飲むと、口当たりはスムースで、そこそこマイルド。シリアルっぽいホップの香りは感じられますが、わずかに麦藁っぽいような印象もありますね。それでも、基本は、アロマと同様に、シリアルっぽい香りです。モルト感もそこそこ感じますが、ボディーはライトです。アルコール分は パーセントとわずかに高めですが、副原料感が結構ありますね。

 最初はそれほど強く感じませんが、飲んでいると、だんだんと6%の飲み応えを感じるようになります。黒ラベルなどに比べると、コクはあるのだと思いますが、アルコール分の印象の方が強いかな。まあ、冬物語は、冬の鍋料理などとのマリアージュを考えて作られたビールでもあるようなので、本当は水炊きとか、しゃぶしゃぶとか、そういうものを食べながら飲んでみたいところですね。単身赴任の一人暮らしでは、なかなかそういうものが食卓に登らないのが悲しいですが…。

「冬物語」(限定醸造)
◯原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
◯アルコール分:6%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー50kcal, たんぱく質0.5g, 脂質0g, 炭水化物3.8g,糖質3.7g, 食物繊維0-0.2g, 食塩相当量0mg
◯内容量:350ml
◯製造者:サッポロビール株式会社
http://www.sapporobeer.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アサヒビールの限定発売「TOKYO 隅田川ブルーイング ゴールデンエール」

 この日、飲んだのは、アサヒビールの限定発売「TOKYO 隅田川ブルーイング ゴールデンエール」。「隅田川ブルーイング」というのは、20年以上前に設立されたアサヒビールの子会社で、クラフトビールの製造・販売や、他のクラフトビールメーカーに醸造指導などをしてきたブランドです。この商品は、隅田川ブルーイングの製造ではなく、「東京隅田川ブルーイングが開発を行い、アサヒビール名古屋工場で製造した商品」だそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46(西野七瀬)「つづく」。

 グラスに注ぐと、色は透明な、ゴールド。ほんのわずかに濃いめかな。アロマは、穀物っぽいと言うか少しシリアルっぽいようなホップの香り。
 飲むと、口当たりはさらりと柔らかく、意外にモルトを感じますが、炭酸の刺激の関係なのか、一部の国産大手のビールでも感じられるような、なんというか、酸味ではないけど、そんな感じ(どんな感じ)の味わいもあるような気がします。
 軽いモルト感と味わいの後に、軽い苦味を感じますが、苦味は大して強くありません。世の中のヴァイツェンより、やや苦いかなといったくらいの苦味です。後口には、弱い苦味の余韻が、それでもじわじわと残る感じです。
 缶には、「華やかなコクと爽やかな後味」と書いてありますが、言葉自体の意味も、飲んだ実感も、正直、ちょっと分かりにくいです(笑)

 まあ、飲みやすいビールだと思います。なんというか、グイグイ飲む感じの…。10年くらい前、東京で、当時、アサヒビールの子会社だった(株)隅田川ブルーイングのカフェで、ビールを飲んだことがありますが、そのときのビールは、もう少し個性的だったような気もします。
 現在も、「隅田川ブルーイング」というブランドは存在しているのですが、別個の会社としてまだ存在してるのか、ちょっとよく分かりません。一応、「東京隅田川ブルーイングが開発を行い、アサヒビール名古屋工場で製造した商品です」となってるので、開発自体は、「隅田川ブルーイング」がやってるようです。よく分かりませんが、今回飲んだビールは、何と言うか、“アサヒっぽい印象”も強く感じました。それが悪いとは言いませんが、昔飲んだときはどうだったかなと思いつつ。いろいろ振り返ってあれこれ考えながら飲んでしまいました。

「TOKYO 隅田川ブルーイング ゴールデンエール」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー44kcal, たんぱく質0.3-0.7g, 脂質0g, 糖質3.3g, 食物繊維0-0.2g, ナトリウム0-8mg
◯内容量:350ml
◯製造者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.