Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
アメリカ・ANCHOR BREWINGの「LIBERTY ALE」

 この日、飲んだのは、アメリカ・ANCHOR BREWINGの「LIBERTY ALE」。ANCHOR お馴染みのビールですが、缶バージョンです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Fear, and Loathing in Las Vegas「Return to Zero」。

 グラスに注ぐと、色は少し濁りというか、濃い目の霞みがある、ややオレンジ色がかった褐色。アロマは、熟した南国果実のような豊かな香りを感じます。
 飲むと、炭酸刺激は細やかで、ボディーはライト。最初は清涼な印象だけど、すぐに、芳醇な印象に変わる独特なフレーバーを感じます。モルト感もありつつ、それを追いかけるように、ホップの苦味を感じますね。
 苦味は、ガツンというほどではありませんが、しっかりと強く、後口にもずっと余韻として残ります。
 アルコール分は6%とわずかに高めですが、アルコールのパーセント以上に、飲み応えがあるような気がします。
 リバティエールを飲むのは久しぶりですが、缶のものを飲んだのは初めてかも。やはり、こういう個性的ビールは、時々、確認の意味でも飲んでおくべきですね。

「LIBERTY ALE」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:%
◯内容量:12FL.OZ.(355ml)
◯原産国:アメリカ
◯輸入者:三井食品株式会社
http://www.mitsuifoods.co.jp/
◯製造者:ANCHOR BREWING CO.
(http://www.anchorbrewing.com)

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

サントリー「海の向こうのビアレシピ 芳醇カシスのまろやかビール(ベルギースタイル)」

 この日、飲んだのは、サントリー「海の向こうのビアレシピ 芳醇カシスのまろやかビール(ベルギースタイル)」。今年4月の酒税法改正で、使用しても「ビール」と表示できる副原料の幅が広がったことで、早速、大手が投入してきた“新ビール”商品の一つですね(これまでは、麦芽100%であっても、果汁が1滴でも入れば即“発泡酒”と表示させられてました)。このビールには、発酵前の原材料比で3%の濃縮カシス果汁が使われています。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BABYMETAL「Distortion」。

 グラスに注ぐと、色は、おぉー、いかにも「カシス」っていう感じの、紫ぽい色ですね。香りは、いかにもカシスな感じかと思いきや、アロマはかなり控えめで、香りだけについて言えば、カシス感はほとんどないような気がします。
 飲むと、口当たりは意外にマイルドで、ボディーはライト。フレーバーはカシス感が薄く、もうちょっと、”いかにもカシス”な感じが欲しいですね。色だけ見たら、「カシスっぽさが強いかな」と思いきや、それほどでもないです。カシスの甘味も、よく分からなかったです。甘味は特別強いわけではなく、香りとのギャップから言うと、逆に、もうちょっと甘味が欲しいかなという感じでした。
 まあ、デザート的な飲み方だけでなく、多くの一般消費者に、いろんなシチュエーションで飲んでもらえるビールを目指すとこういう感じなのかもしれません。大手は販売見込みマーケットも大きいし(笑)

「海の向こうのビアレシピ 芳醇カシスのまろやかビール(ベルギースタイル)」
◯原材料:麦芽、ホップ、カシス
◯アルコール分:5.5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー47kcal, たんぱく質0.4-0.8g, 脂質0g, 糖質3.4g, 食物繊維0-0.2g, ナトリウム0-7mg
◯内容量:350ml
◯販売者:サントリービール株式会社
http://www.suntory.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

東京都・Far Yeast Brewingの「WESTBOUND Session IPA」(醸造所・山梨県)

 この日、飲んだのは、東京都・Far Yeast Brewingの「WESTBOUND Session IPA」。 2018年春に福岡にオープンする(した)「BEERSONIC」という、ビアパブなのかな?そことのコラボレーションによるビールだそうです。なので、東京から福岡行きということで、「WESTBOUND」なんですね。実際に製造した醸造施設の所在地は、山梨県だそうなので、当ブログでは、「ビール系(信越・北陸)」に分類させていただきました。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Fear, and Loathing in Las Vegas「SHINE」。

 グラスに注ぐと、色は、結構濁りのある、白濁とも言えるような黄土色系の褐色です。アロマは、フレッシュと言うか、シャープな香りとでもいうか、なかなか鮮烈な印象の、シトラス系の香り。確かに、ネルソンソーヴィンの香り。ネルソンソーヴィンに、それほど“白葡萄感”はそれほど感じないのですが、まあ上品で爽やかな香りだと思います。

 飲むと、口当たりはそれなりにマイルドで、炭酸刺激は細やか。ボディーはライトです。軽い飲み口で、モルト感は軽めですが、シャバシャバというわけではなく、ホップのフレーバーと、しっかりとした苦味が感じられます。
 表示を見ると、アルコール分は3.9%と軽いです。確かに飲み口は軽いけど、3.9%という割にペラペラではないと思います。それでも軽いけどね。
 まあ、確かにセッション IPA という感じですね。飲みやすいです。グイグイいきたい感じです。

「WESTBOUND Session IPA」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:3.9%
◯内容量:330ml
◯製造者:Far Yeast Brewing(本社・東京都、醸造所・山梨県)
(http://faryeast.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

イギリス(スコットランド)・HARVIESTOUNの「OLD ENGINE OIL」

 この日、飲んだのは、イギリス(スコットランド)・HARVIESTOUNの「OLD ENGINE OIL」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「アンダー」。

 グラスに注ぐと、色は、黒に近いくらいの暗褐色。結構、黒いですね。ほどほどに柔らかそうな泡が、見た目にも心地よさそうです。
 アロマは、ほろ苦いミルクチョコレートを思わせる、濃色のモルトの香りがメインですね。意外に控えめなアロマですが、十分、モルトの甘味を予感させてくれます。
 飲むと、口当たりはとても柔らかく、まったり、するするっと入ってきます。ボディは、ライトに近いミドルぐらいかな。
 アロマと同様、フレーバーも控えめですが、高温焙燥された濃色モルトによる、ミルクチョコレートを思わせる香りを感じます。フレーバーの中には、少しホップのフレーバーも感じられるような気もします。
 モルトの甘味は、そこそこしっかりですが、甘ったるいわけではなく、その甘味を追いかけるように、かなりしっかりとした苦味が感じられます。苦味は、濃色モルトによる苦味と、ホップによる苦味が合わさったような印象です。
 後口にも、かなりしっかりと苦味の余韻が感じられます。結構、苦いなぁ。
 アルコール分は6%で、やや高めではありますが、飲んだ印象の割には、意外に高くない感じです。それでも、飲み応えは十分あるので、じっくりまったりとイケるビールです。

「OLD ENGINE OIL」
◯原材料:麦芽、ホップ、焙煎大麦、オーツ麦
◯アルコール分:6.0%
◯内容量:330ml
◯原産国:イギリス(スコットランド)
◯輸入者:株式会社ウィスク・イー
http://www.whisk-e.co.jp
◯製造者:HARVIESTOUN BREWERY
http://www.harviestoun.com

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

島根県・びあヘルン(島根ビール)の「檸檬Weizen」

 この日、飲んだのは、島根県・びあヘルン(島根ビール)の「檸檬Weizen」。広島県尾道市瀬戸田町のレモンが使われてます。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「スカウトマン」。

 グラスに注ぐと、色は濁りのある、やや暗めのレモンイエローぽっい色。カーキ色っぽい、明るい褐色とも言うかな。アロマは、酸味を予感させる、何と言うか、ストレートに言うと「レモン果汁っぽい」ような香り。そこに少しだけ控えめに、クローブっぽい香りを感じる辺り、ベースがヴァイツェンなんだなということを感じさせます。
 飲むと、酸刺激は細やかで、ボディーはライト。モルト感はとても軽く、甘味を感じるより前に、レモンの酸味…いや、実際は酸味が強いのではなく、レモンのフレーバーが強いのかな。ベースのヴァイツェンの、クローブ的なフレーバーに、レモンのフレーバーがプラスされて、独特の爽やかなフレーバーになっています。なんというか、ほぼレモンな感じにも思えなくもないですが(笑)
 爽やかでフルーティなフレーバーで、缶のラベルにも書いてありますが、肉の香草焼きや、魚の塩焼きなんぞと合うかもしれませんね。ちなみに、「魚の塩焼き」のところに、( )して「のどぐろ、…」って書いてあるあたり、島根のご当地感を感じました(笑)

「檸檬WEIZEN(レモン・ヴァイツェン)」
◯原材料:麦芽(小麦麦芽含む)、広島県産レモン(果皮、果汁含む)、ホップ
◯アルコール分:5.5%
◯内容量:350ml
◯製造者:島根ビール株式会社(島根県)
http://www.shimane-beer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.