Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
イタリア・Caviro Distillerieの「BIRRA ITALIA 1906」

 この日、飲んだのは、イタリア・Caviro Distillerieの「BIRRA ITALIA 1906」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、DOLL$BOXX「Dragonet」。

 グラスに注ぐと、色は、透明なゴールド。アロマは、結構、穀物っぽい、ホップらしき香りです。
 飲むと、口当たりはそこそこスムースで、炭酸刺激は、それなりにしっかりです。ホップフレーバーは、穀物っぽい、落ち着いた香りで、さらに見た目よりも、意外にモルトの味わいを感じました。なんというか、そこそこの苦味を感じつつ、これまた意外に、モルトの味わいもあります。基本、普通のラガー系の、さっぱりイケるタイプのビールですね。
 イタリアのビールといえば、副原材料として、トウモロコシを使っているのがお約束みたいなもんですが、このビールも、同じく、やはり副原材料として、トウモロコシが使われてます。飲んだ印象の中に、多少、パリッとクリスピーな印象があるのですが、この辺りは、やはり副原料のトウモロコシ に由来するところではないかと思います。
 まあ、普通に飲みやすいビールかと。ペペロンチーノスパゲティとか、ピザとか食べながら飲みたいかな。

「BIRRA ITALIA 1906」
◯原材料:麦芽、ホップ、とうもろこし
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯原産国:イタリア
◯輸入者:イオンリカー株式会社
(http://www.aeonliquor.co.jp/)
◯製造者:Caviro Distillerie
(http://www.birraitalia.it/)

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

キリンの「GRAND KIRIN WHITE ALE」

 この日、飲んだのは、キリンの「GRAND KIRIN WHITE ALE」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、DOLL$BOXX「Sub-liminal」。

 グラスに注ぐと、色は、透明なゴールド。アロマは、結構控えめですが、ネルソンソーヴィンホップ由来とみられる、確かにフルーティーな、そして軽快な香りを感じます。

 飲むと、口当たりはスムースで、ボディーはライト。すっきりとした飲み口で、控えめで、上品に、ホップのフルーティなフレーバーを感じます。モルトのコクを少し感じ、そのモルト感を感じたなと思った後くらいに、やや遅れて、麦わらっぽい、ホップの香りを感じますね。
 のど越しの後に、軽く苦味を感じますが、その苦味は、後口に余韻として残り、全体印象では、意外に「ビールっぽい」雰囲気だったりします。
 まあ、小麦系ビールなので、飲みやすいのは当たり前ですが、結構ごくごくといけてしまうビールです。
 ホワイトエールだし、ネルソン・ソーヴィンホップ使ってるし、そういう香りですが、意外にいろんな料理にも合うのかもしれません。思った以上に、“ビール感”がある気がして、結構好きです。

「GRAND KIRIN WHITE ALE」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギーkcal,たんぱく質0.g,脂質0g,糖質.g,食物繊維0-0.g,ナトリウムmg
◯内容量:350ml
◯販売者:麒麟麦酒株式会社
http://www.kirin.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

オーストラリア・AUSTRALIAN BREWERYの「AUSTRALIAN PALE ALE」

 この日、飲んだのは、オーストラリア・AUSTRALIAN BREWERYの「AUSTRALIAN PALE ALE」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、DOLL$BOXX「Shout Down」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、小麦ビールのような白濁のあるレモンイエローのような色。でも、これ、小麦(を使った)ビールじゃないらしいです。え?そうなの?
 アロマは、青くフレッシュで、柑橘系の中でも、より先鋭化したような、シトラとか、それに近い印象のホップの香り。
 飲むと、強い炭酸刺激により、結構シャープな口当たりで、ボディはライトです。モルト感っていうものをほぼ実感することはなく、ただ結構強い炭酸の刺激があり、やはり、先鋭的なシトラスっぽいホップのフレーバーを軽く感じます。
 苦味はそこそこ効いているような気がしますが、見ると、IBU(苦味数値)は26と、普通の国産大手のビールと比べても、やや低いくらいの数値ですね。しかし、飲んでみると、苦味はそこそこ感じられます。アルコール分は4.8%と軽いし、もしかしたら、ベースにモルト感があまり感じられないので、モルトの甘味が少ない分、ホップ感が結構ダイレクトに感じられているためなのかもしれません。

 なんだろう、ペールエールなのかこれは。少なくとも、色は全然“ペール”じゃないぞ。色だけ見たら、どう見ても、小麦系のビールにしか見えないです。なんだこりゃ。
 まあ、飲みやすいと言うか、何と言うか、軽くて飲みやすいという言い方ができるかもしれませんが、ドリンカビリティが高いかというと、そうでもないよう気がします。なんか、ペールエールじゃないような気がするんだけどなぁ。

「AUSTRALIAN PALE ALE」
◯原材料:大麦、大麦麦芽、ホップ(Galaxy、Cascade)
◯アルコール分:4.8%
○内容量:12FL.OZ.(375ml)
◯原産国:オーストラリア
◯輸入者:小西酒造株式会社
http://www.konishi.be
◯製造者:THE AUSTRALIAN BREWERY
http://www.australianbrewery.com

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

スコットランド ・HARVIESTOUNの「BITTER & TWISTED GOLDEN ALE」

 この日、飲んだのは、 スコットランド ・HARVIESTOUNの「BITTER & TWISTED GOLDEN ALE」。もしかしたら、缶は初めてだったかも。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Unlucky Morpheus「Black Pentagram」。

 グラスに注ぐと、色は透明で、わずかにカーキ色っぽい褐色。アロマは、何となく穀物っぽいような、でも、ほんのわずかに シトラスっぽい香りもあるような、基本、ホップの香り。わずかに、モルト感も漂わせてるような香りですね。
 飲むと、口当たりはマイルドでスムース。ボディは、ややしっかりめのライトかな。フレーバーは、基本、ホップの香りなんですが、穀物っぽいような、わずかにシトラスっぽいような、その絶妙な中間ぐらいにある香りです。中間というより、バランスがいいのかな。どちらとも、表現がしにくいような、でも、いい感じの優しさ。いい香りです。モルト感は、シャバシャバでない程度に軽やかで、軽快な苦味も感じます。苦味は、特別強いわけではなく、後口の苦味の余韻も、じんわりと残る優しい感じです。
 アルコール分は、4.2%と軽いこともあり、飲みやすいです。とてもドリンカビリティアが高いですね。こういう優しいエール、大好きです。すごく美味い。
 こういう軽いエール大好き。ずっと飲んでいられそうです。これ樽で飲みたいわ……。

「BITTER & TWISTED GOLDEN ALE」
◯原材料:麦芽、ホップ(Hersbrucker、Celeia 、Perle、Bobek)、
◯アルコール分:4.2%
◯内容量:330ml
◯原産国:イギリス(スコットランド)
◯輸入者:株式会社ウィスク・イー
http://www.whisk-e.co.jp
◯製造者:HARVIESTOUN BREWERY
http://www.harviestoun.com
-☆-

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

(株)時之栖が販売者の「伊豆の国ビール ヴァイツェン」

 この日、飲んだのは、静岡県の株式会社時之栖が販売者となっている「伊豆の国ビール ヴァイツェン」。製造者について記載はありませんが、株式会社時之栖の関連グループ会社として、株式会社御殿場高原ビールがあるので、おそらく、ここが製造者だと思います。ちなみに、「御殿場高原ビール」といえば、昔は、米久株式会社の子会社でしたが、米久が伊藤ハムに統合されたことに伴い、時之栖に売却されたようです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、PassCode「(LIVEバージョン)」。

 グラスに注ぐと、色は濁りのある、やや薄めのカスタードクリームっぽいというか、カーキ色っぽいというか、黄褐色です。アロマは、ヴァイツェンらしい、クローブっぽい香りを感じます。
 飲むと、 口当たりはマイルドで、ボディは、しっかりめのライト。軽めのミドルかなとも思ったけど、飲んでると、やっぱりしっかりめのライトって感じ。クローブっぽいフレーバーを感じつつ、少しの酸味と、全体的なボリュームを形作る、モルトの甘味を感じます。個人的には、もっと、こってりした感じでもいいのかなとか思いました。クローブフレーバーも、もうちょっと、“ズドン”ときてもいいかな。
 アルコール分は、5%ですが、飲んでると、意外に、“飲んだ感”がありますね。不思議なのに、意外に飲み応えは、少しあるような気がします。
 まあ、初めてヴァイツェンを飲む人にも、飲み易いかな、といった感じです。

「伊豆の国ビール ヴァイツェン」
◯原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、糖類
◯アルコール分:5%
◯内容量:350ml
◯販売者:株式会社時之栖
(http://www.tokinosumika.com/)
○製造者(おそらく):株式会社御殿場高原ビール(静岡県)
(http://gkb.co.jp/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.